(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耐えること

Endurance is one of the most difficult disciplines, but it is to the one who endures that the final victory comes.

             Buddha



単語

endurance: 忍耐(力)、辛抱
discipline: 規律、鍛錬
endure: ~に耐える
victory: 勝利



訳例

忍耐というものは、最も身につけることが難しいものの一つである。しかし、最後に勝利をおさめるのは、耐え抜いた者なのである。

                             仏陀



解説
endure は、「困難な状況、好ましくない経験などに長期間、屈することなく耐える」という意味です。

類語の
tolerate は、「好ましくないことを受け入れる」、
bear は、「どうすることもできないので、好ましくない状況を受け入れる」、
put up with は、ほぼ tolerate と同じ意味です。

endurance は、 endure の名詞形です。


it is to the one who endures that the final victory comes. この文の構文を見抜けたでしょうか。

前回でてきた 「It is ~ that …」の強調構文が使われています。下線部が強調されているわけです。
下線部に関係代名詞の who が使われているので、少しわかりづらくなっています。

もとの文は、

the final victory comes to the one who endures.

です。

また、ここの one は、

one = person

です。

もとの文を直訳してみると、

「最後の勝利は、耐えた者にやってくる」

となります。

「耐えた者に」を強調してみると

「最後に勝利するのは、耐えた者である」

と言えます。


訳例では、もう少し感じを出して

「最後に勝利をおさめるのは、耐え抜いた者なのである」

としました。

あるいは、

「耐え抜いた者にこそ、最後の勝利はもたらされるのである」

としてもいいと思います。



スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/80-468453c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。