(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

互いに寛大であること

The golden rule of conduct is mutual toleration, seeing that we will never all think alike and that we shall always see Truth in fragments and from different angles of vision.

               Mohandas Gandhi (Mahatma Gandhi)



単語・熟語

golden rule: 黄金律
conduct: ふるまい、行い
mutual: 互いの、相互の
toleration: 寛大さ
alike: 同じように
fragment: 断片、かけら
vision: 視野、視覚
one’s angle of vision: 視点、見地



訳例

ふるまいに関する黄金律は、互いに寛大であることであり、皆が同じ考え方をするわけではなく、皆が真理の一面を様々な視点から見ているのだと理解することである。

                      マハトマ・ガンディ



解説

The golden rule of conduct またまた of「分離」です。

「ふるまいから分離してくる黄金律」
      ↓
「ふるまいから出て来る黄金律」
      ↓
「ふるまいに関する黄金律」

このように of が about(~について)と類似の意味をなすことがあります。


~, seeing that we will never all think alike and that we shall always see Truth in fragments and from different angles of vision

この文の seeing … のように、「文, ~ing …」は次の2通りに訳すことができます。

1.~しながら、~して(後から訳す)
2.~、そして…   (前から順に訳す)


1. She saw him off, waving her hand.
彼女は、手を振って彼を見送った。

2. The train starts at nine, arriving in Tokyo at eleven.
その列車は9時に出発し、(そして)11時に東京に着きます。


seeing 以下は

seeing の目的語に that 節が2つ、
また Truth の後に前置詞句が2つ(両方とも always see の see にかかっています)

という構造になっています。


seeing [that we will never all think alike]
        and
    [that we shall always see Truth in fragments
                             and
                     from different angles of vision]

直訳すると

「我々皆が同じように考えることはないこと、
 我々はいつも真理を断片の中で見、真理を異なる視点から見ることを
 理解して」

となります。


seeing 以下が長いので、訳例では
「文, ~ing …」の訳し方2( ~、そして… )のように前から順に訳し


「互いに寛大であることであり、皆が同じ考え方をするわけではなく、皆が真理の一面を様々な視点から見ているのだと理解することである」

としました。


スポンサーサイト
  1. 2006/02/12(日) |
  2. モハンダス・ガンディ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/71-faab3a79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。