(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本当に貧しいのは

If you wish to give happiness, do not multiply possessions, but reduce wants. It is not the man who has too little, but the man who craves more, that is poor.

                              Seneca


単語

multiply: ~を(どんどん)増やす
possession:  所有物
reduce: ~を減らす
want: 必要なもの、欲しいもの
crave: 抑えきれないほど強く欲する



訳例

幸せを示したいと思うなら、持ち物を増やすのではなく、必要なものを減らしなさい。物をほとんど持っていない人ではなく、ますます欲しがる人こそ、貧しいのである。

                            セネカ



解説

It is not the man who has too little, but the man who craves more, that is poor. は

not A but B「AではなくB」が 強調構文 It is ~ that …「…なのは~である」の「~」の部分に入った形になっています。

つまり

「…なのは、AではなくBである」

と考えればいいわけです。

よって、

「貧しいのは、物をほとんど持っていない人ではなく、ますます欲しがる人である」

となります。


訳例では、英文の流れを大切にし、前から、

「物をほとんど持っていない人ではなく、ますます欲しがる人こそ、貧しいのである」

と訳しました。



スポンサーサイト
  1. 2006/02/01(水) |
  2. セネカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/67-f789f90c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。