(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

徳を思う

The great man always thinks of virtue; the common man thinks of comfort.

                 Confucius



単語

virtue: 徳
common: 普通の、平凡な
comfort: 快適さ、安楽



訳例

人格者は常に徳を思い、凡人は快適さを思う。

                 孔子



解説

英文のもとになっている文は、「君子懐徳、少人懐土」で「論語」の言葉です。

これには、新旧2つの日本語訳があります。

旧.「君主が仁政を心掛ければ、人民は郷土に安住して耕作にいそしむ」

新.「立派な人物は徳の修養を心掛け、下らない人物は安住する土地のみを考える」


英文では、新訳に基づいていることがわかります。


今回はいつもとは逆で、中国語、日本語から英語を見てみると面白いと思います。

完璧な英語訳だとは思いませんが、なかなか面白い訳ではないでしょうか。




スポンサーサイト
  1. 2006/01/11(水) |
  2. 孔子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/60-3a09e07b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。