(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あるがままに

Life is a series of natural and spontaneous changes. Don’t resist them – that only creates sorrow. Let reality be reality. Let things flow naturally forward in whatever way they like.

                                     Lao-tzu



単語

spontaneous: 自然に起きる、自発的な
resist: ~に抵抗する
sorrow: 悲しみ
whatever: どんな~でも



訳例

人生とは、自然に起こる変化の連続である。変化に抵抗してはならない。抵抗は、悲しみを生み出すだけである。現実は現実として受け入れなさい。物事は、それが望むがままに自然に流れさせてあげなさい。          
 
                            老子



解説

let A doは「Aが~したいようにさせる」という意味です。

Let reality be realityを直訳すると、

「現実は現実でありたいようにさせる」となりますが、文脈を考慮して

→「現実は現実であらせる」
→「現実は現実として受け止める」
→「現実は現実として受け入れる」

としました。


また
in whatever way (that) they likeを直訳すると、

「物事が好むどんな方法(やり方)ででも」ですが、これでは日本語としてぎこちないので、


「それが望むがままに」

と簡潔にしました。



スポンサーサイト
  1. 2005/11/02(水) |
  2. 老子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/44-aea8a08f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。