(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

奉仕の真の意味

Always try to serve others. Don’t even call it helping, call it service because you are benefited by that. If a man begs from you and you give him something, you shouldn’t think you are helping him. Instead, he is helping you.

                             Satchidananda


単語

benefit: (人)を益する、~のためになる
beg: 施しを乞う


訳例

常に誰かに奉仕するよう努めなさい。しかし、その行為から利益を得るのはあなたであるから、それを手助けと呼んだり、奉仕と呼んではいけない。もし、誰かが施しを求めてきて何かを与える時には、自分がその人を助けていると考えるべきではない。そうではなく、その人があなたを助けているのである。

                         サッチダナンダ



スポンサーサイト
  1. 2005/10/19(水) |
  2. サッチダナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/40-584c6375
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。