(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一度立ち止まり

For all right judgment of any man or things it is useful, nay, essential, to see his good qualities before pronouncing on his bad.

                                   Thomas Carlyle



単語

judgment:  判断
nay:     いや
essential:  不可欠の
quality:   質


訳例

人についてでも物についてでも適切な判断をするためには、悪いと決めつける前に良い面に目を向けることが役に立つ、いや必要不可欠なのである。
       
                                  トーマス・カーライル



解説

コンマが無いので分かりにくくなっていますが、things と it の間に文の切れ目があります。

For all right judgment of any man or things
   と
it is useful, nay, essential, to see his good qualities before pronouncing on his bad


pronounce は「発音する」という意味で皆さんご存知だと思いますが、今回のように、pronounce on ~となると

「~について発音する」
      ↓
「~について声を発する」
      ↓
「~について意見を述べる」
      ↓
~について判断を下す

という意味になります。


I do not feel competent to pronounce on this matter.
私にはこの問題について判断を下す資格があるとは思えない。
(competent は、「適格な、適任の」という意味です。)

pronounce と on の間に judgment が入り、pronounce judgment on でも同じ意味を表します。



トーマス・カーライル(1795-1881)
スコットランド生まれの思想家、歴史家




ブログランキングに参加しています。おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2008/09/25(木) |
  2. トーマス・カーライル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/253-4dfbb1d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。