(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

直視する

Not everything that is faced can be changed. But nothing can be changed until it is faced.

                    James Arthur Baldwin



単語

face:  ~の真っ向から立ち向かう、~を正視する



訳例

真正面から向かえば、どんなことでも変わるというわけではない。
しかし、真っ向から立ち向かわなければ、何も変わらないのである。          


               ジェイムズ・アーサー・ボールドウィン



解説

not everything は、部分否定であり、「あらゆるものが~なわけではない」という意味を表します。

Not everything that is faced can be changed. を直訳すれば、

「真正面から取り組まれたものの全てが、変えられることが可能なわけではない」

となります。


類似の部分否定には、not allnot alwaysnot completely などがあります。

例1
Not all footballers complain that they play too often.
サッカー選手全員が、試合が多すぎる、と言っているわけではない。

例2
No news is not always good news.
いつでも「便りのないのは良い便り」というわけではない。

例3
I'm not completely agree with the plan.
その計画に完全に同意しているわけではない。




ジェイムズ・アーサー・ボールドウィン (1924-1987)
アメリカの黒人作家




ブログランキングに参加しています。おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2008/08/25(月) |
  2. ジェイムズ・アーサー・ボールドウィン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/252-a52a2225
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。