(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

I felt sorry for myself because I had no shoes, until I met a man who had no feet.

                             Jewish proverb


単語

feet:   foot(足) の複数形


訳例

私は自分のことを履く靴がなくて可哀想だと思っていた。足のない人に会うまでは。

                             ユダヤのことわざ


解説

shoes が「シューズ、靴」であることは皆さんご存知です。ただ、注意して欲しいのは、次のような文があるということです。

He became drunk, and threw his shoe at his master's head.

この文を読んで、場面が浮かんできましたか?


そうですね。男の人が酔っ払って、主人の頭に向けて靴を投げつけた、光景が見えるわけです。

ただし、his shoe なので、片方の靴だけ投げたということです。このように「シューズ」という英単語は、必ずしも shoes という複数で使うわけではないんですね。


靴を両方投げたのなら

threw his shoes at his master's head.

となりますね。



ブログランキングですか。ほほ~、ではひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/04/26(木) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/205-8833efab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。