(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

失敗の本当の意味

What is defeat? Nothing but education; nothing but the first step to something better...

Wendell Phillips


単語

defeat: 失敗、挫折



訳例

失敗とは何か。失敗とは教育以外の何物でもない。つまりさらに良いものへのはじめの一歩に過ぎないのだ。

                     ウェンデル・フィリップス


解説

defeat というと「負け、敗北」という意味をはじめに思い浮かべる方が多いと思います。しかしdefeat には「自分が望んだこと、計画したことが達成されないこと」という意味もあります。ここではこの意味で使われています。

nothing but = only と大学受験では習いますが、but がここではexcept の意味で使われていますので、
nothing but ~ は、「~以外の何物でもない」が文字通りの意味になります。

「~以外の何物でもない」→「~にすぎない」= only になる場合があるというだけです。

この文章では nothing but が2回出てきます。

Nothing but education は文字通り「教育以外の何物でもない」

nothing but the first step は、「はじめの一歩にすぎない」と訳しました。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/10(水) |
  2. ウェンデル・フィリップス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/19-40d76598
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。