(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分の内

I learned that it is possible for us to create light, sound and order within us no matter what calamity may befall us in the outer world...

                         Helen Keller


単語

order:  秩序、正常な状態
calamity: 災難、災害
befall: (不幸などが人)に起こる、降りかかる
outer: 外側の


訳例

外の世界でどんな災難にみまわれようとも、我々人間が自分の内に光、音、秩序を生み出すことが出来ることを私は知った。

                     ヘレン・ケラー


解説

[no matter + 疑問詞]で「たとえ~であっても」という譲歩の意味を表しますので、

no matter what calamity may befall us は、「たとえどんな災難が我々に降りかかっても」となります。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/03(水) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/18-7aafc374
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。