(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最後まで

Stay the course, light a star,
Change the world where'er you are

                     Richard Le Gallienne  


単語

course:   進路、道
light:    ~を照らす、~を明るくする
where'er:  = wherever どこに~しようとも


訳例

最後までやり遂げろ、星を照らし、どこにいようとも世界を変えるのだ。


                      リチャード・ルガリアン


解説

stay the course は、文字通り読めば、「進路にとどまる」です。ここから「(困難に負けずに)最後までがんばる、最後まであきらめない、最後までやり遂げる」という意味を表します。

course という言葉が出てきましたので、course の使われた熟語をいくつか見てみます。

(as) a matter of course 「当然のこと(として)


He have chores and does them as a matter of course.
彼には日課があり、当たり前のこととしてそれを行う。


run[take, follow] its course 
自然の成り行きになる、自然の経過をたどる、自然に消える


If you allow such behavior to run its course without reacting, eventually the behavior will disappear on its own.
そういった行為は、反応しないで自然の成り行きに任せておけば、やがて自然に消えていきます。


in the course of ~ 「~の間に、~のうちに


We have devoted enormous diplomatic effort to the resolution of the conflict in the course of the past year.
我々はこの1年間、その紛争の解決に多大な外交努力をしてきた。


in (the) course of time 「やがて、時を経るにしたがって


In the course of time she came to feel affection for him.
時を経るにつれ彼女は彼に好意を感じるようになった。



リチャード・ルガリアン (1866-1947)
イギリスの批評家・詩人



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/02/20(火) |
  2. リチャード・ルガリアン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/177-62be10f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。