(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

第一原則は

The first principle is that you must not fool yourself, and you're the easiest person to fool.

                            Richard Feynman


単語

principle:  原理、原則
fool:    ~をだます


訳例

第一の原則は、自分をだましてはならないということだ。自分というのは最もだましやすい人なのだ。

                        リチャード・ファインマン


解説

first principle は文字通り「第一の原則第一の原理」という意味ですが、「第一に来る原理・原則」ということから「基本原則基本原理」という含みも持ち合わせています。

must not は中学校で勉強しましたね。「~してはならない」、強い禁止を表すと説明を受けたと思います。

fool という単語は名詞「ばか者」、形容詞「ばかげた」、そして動詞の意味があります。今日の文では動詞で使われています。

英和辞書を見ると、動詞の意味として「~をばかにする」という意味が載っていますが、動詞の意味としては

~をだます~を欺く、~をかつぐ」

と覚えておいた方がいいと思います。

今回の文では、fool yourself ですから

「あなた自身をだます、自分自身をだます」

という意味ですね。


the easiest person to fool も中学校で習った「不定詞の副詞的用法」というやつですね。

the easiest person「最も簡単な人」、何が最も簡単かと言うと、to fool「だますのが」というわけですね。

前の easiest という形容詞を説明しているので to fool が副詞の役割をしています。だから「副詞的用法」というわけですね。



リチャード・ファインマン (1918-1988)

アメリカの理論物理学者
量子電磁力学におけるくりこみ理論の研究で、1965年ノーベル物理学賞を受賞。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



スポンサーサイト
  1. 2007/01/18(木) |
  2. リチャード・ファインマン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/163-0adf8b6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。