(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

困難の真っ只中に

In the middle of difficulty lies opportunity.

                                 Albert Einstein



単語

difficulty:    困難、厄介な事柄、難局
lie:        横たわっている、ある
opportunity:    機会、好機



訳例

困難の真っ只中にこそ、チャンスが横たわっているのだ。

                        アルバート・アインシュタイン



解説

in the middle of ~ で「~の真ん中、~の中心、~の最中」という意味です。
middle 「ミドル」はほとんど日本語になっていますよね。


今日の文は、全体が倒置の文になっています。本来の語順なら、

Opportunity lies in the middle of difficulty.

となるところですが、聞き手の注目を引くために、in the middle of difficulty
を文頭に持ってきているのです。

最初に「困難の真っ只中に」と述べ、聞き手に「困難の真っ只中に一体何があるのか」と考えさせることによって、「困難」と対比をなしている opportunity好機」という最後に来る言葉が、より効果的に響くのです。


アルバート・アインシュタイン (1879-1955)

理論物理学者。
ユダヤ系ドイツ人。プラハ大学、ベルリン大学教授などを務めた後、ナチスのドイツを逃れ、アメリカに渡る。熱烈な平和主義者としても知られる。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー

スポンサーサイト
  1. 2006/12/07(木) |
  2. アルバート・アインシュタイン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/144-223c8e02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。