(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

習慣は

Habit is either the best of servants or the worst of masters.


                             Nathaniel Emmons



単語

servant:    召使
master:    主人



訳例

習慣とは、最高の召使か、あるいは最悪の主人だ。


                     ナサニエル・エモンズ



解説

either A or B で「AまたはB」ですね。


servant という単語は、

serv(e) + ant から成っており、文字通りに捉えると「奉仕する人」という意味です。

ant は「~する人(もの)」を表す接尾辞です。


accountant  account する人 → 会計士
assistant   assist する人 → アシスタント、助手
defendant   defend する人 → 被告(人)
informant   inform する人 → 情報提供者
occupant   occupy している人 → 居住者、占有者



ナサニエル・エモンズ (1745-1840)

アメリカの神学者
エール大学卒業後、神学を学び、牧師となる。ホプキンズ神学から独自の神学を展開した。


ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー




スポンサーサイト
  1. 2006/10/06(金) |
  2. ナサニエル・エモンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/127-ef3cd0d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。