(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

機会は無限に

Everyday brings endless opportunities to succeed, so why should I fear?

                            Author Unknown


単語

endless:    無限の、無数の、数えきれない
opportunity:   機会



訳例

毎日、数えきれないほど成功するための機会が与えられるのに、どうして私は恐れる必要があろうか?

                           作者不詳


解説

opportunity は、opportunity to do 「~するための機会」という句でよく使われます。


Until now, I've had no opportunity to learn the tea ceremony.
今まで茶道を習う機会がありませんでした。


why should I fear?" に使われている should は「感情」の should と呼ばれるもので、話し手の感情が込められています。さらに why, who, how などの疑問詞と共に疑問文で使われると「反語」を表します。また should には「当然~すべき」という意味もありますので、「~すべき」の感じが文に表れることもあります。


How should I know that?
どうやって私がそれを知っているというのか? 
→ そんなこと私が知るはずないだろう。

よって、Why should I fear? は、

なぜ私が恐れるというのか?
→ 恐れるはずがないだろう。

(~すべき)の感じが入ると
どうして恐れる必要があろうか?
→ 恐れる必要などない。

となります。

訳例では、「~すべき」の感じを入れて訳しました。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー





スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) |
  2. 作者不詳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lightone.blog9.fc2.com/tb.php/118-e74c1754
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。