(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Every man I meet is in some way my superior.


                        Ralph Waldo Emerson


単語

superior: (より)優れている人


訳例

私が出会う人はどの人も、何らかの点で私よりも優れている。。


                    ラルフ・ウォルドー・エマソン


解説

今回は、superior という単語が「(より)優れている人」という名詞で使われ
ていますが、皆さんもご存知のように「(能力・価値などが)優れた、上位に
ある
」という意味の形容詞として使われることが多いですね。

対義語の inferior 「(能力・価値などが)劣った」と同様に、superior も
「~より」と何か(誰か)と比較する場合には、than ではなく、to を使用します。


The new products are far superior to the old ones.
新製品は、従来の製品よりずっと優れている。

His latest work is very inferior to his last one.
彼の最新作は、前作に比べるとずいぶん劣っている。



ラルフ・ウォルドー・エマソン(1803-1882)

アメリカの思想家、詩人。
苦学してハーバード大学を卒業した後、牧師になるが、教会の形式主義に疑問
を感じ職を辞す。人生のほとんどをマサチューセッツ州コンコードで過ごし、
思索・読書・書術の生活を送る。講演 The American Scholar や著書 Nature
などがアメリカの思想界に大きな影響を与える。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
  1. 2008/06/22(日) |
  2. ラルフ・ウォルドー・トライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。