(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

永遠の今

The time will come when every change shall cease,
This quick revolving wheel shall rest in peace:
No summer then shall glow, nor winter freeze;
Nothing shall be to come, and nothing past,
But an eternal now shall ever last.


                       Francesco Petrarca


単語

cease:   やむ、終わる
revolve:  回転する
wheel:   車輪
rest:   休憩する、静止する
glow:   照り輝く、真っ赤に燃える
freeze:  凍る、凍りつく
eternal:  永遠の、永久の
ever:   常に、ずっと
last:   続く


訳例

あらゆる変化のやむ時がおとずれ、
この高速で回転する車輪はしずかに静止する。
夏は照り輝くことなく、冬も凍りすくことがない。
おとずれるものなく、過ぎ去るものもない。
永遠なる今だけが絶えず続く。


                      フランチェスコ・ペトラルカ


解説

文中に出てくる shall はすべて単純未来を表しています。will と考えれば分かりやすいでしょう。


No summer then shall glow, nor winter freeze 
nor は、前の否定文を受けて、「そして~も…ない」という意味を表します。通常は

nor + 疑問文の語順

となりますが、今回は nor (shall) winter freeze の (shall) が省略されています。


Nothing shall be to come, and nothing past, も省略が起きています。

Nothing shall be to come, and nothing shall be to past, というように同じ構文の文章が続きますので、後半部分の shall be to が省略されているわけです。



フランチェスコ・ペトラルカ (1304-1374)

イタリアのルネサンス期の詩人
叙事詩『アフリカ』で桂冠詩人の称号を受ける。ラウラという女性に捧げた恋愛抒情詩集『カンツォニエーレ』が有名。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/02/27(火) |
  2. フランチェスコ・ペトラルカ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

無意識の領域と行動とを

Our life is composed greatly from dreams, from the unconscious, and they must be brought into connection with action. They must be woven together.


                                Anais Nin

単語

compose:     ~を作る、~を創作する
unconscious:   無意識(の)
connection:   つながり、つなぐこと
woven:     weave (~を織る) の過去分詞



訳例

我々の生活は多くの部分が夢から、つまり無意識の事柄から作られるのです。ですから、それらを行動と結び付けなければならないのです。それらを織り合わせなければならないのです。

                              アナイス・ニン


解説

compose という単語は、be composed of ~ で「~から構成されている」という意味で使われることが多いですね。

今回は、compose が「~を創作する、~を作る」という意味で使われています。


from dreams, from the unconscious の部分は

from the unconscious が、前の the dreams の言い換えになっているわけですね。


they must be brought into connection with action. と
They must be woven together.

は共に受け身の文で、元になる文はそれぞれ

We must bring them into connection with action.
We must weave them together.

です。



アナイス・ニン(1903-1977)
 
アメリカの女流作家 
スペイン人の父、フランス人の母を両親に持ち、パリで生まれ、後にアメリカに渡る。『日記』The Diary of Anais Nin が高い評価を受けている。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/23(金) |
  2. アナイス・ニン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あらゆる変化に対して

All changes, even the most longed for, have their melancholy; for what we leave behind us is a part of ourselves; we must die to one life before we can enter another.

                            Anatole France


単語

long for:    ~を熱望する、切望する
melancholy:   物悲しさ、哀愁


訳例

変化はすべて、たとえ最も熱望したものであっても物悲しさを伴うのである。というのは、後に残していくものが我々自身の一部であるからなのだ。我々が新たな生活に入るには、前の生活に対して死ななければならないのである。


                          アナトール・フランス


解説

melancholy という英単語は、由来を見ていくと面白いんです。

ギリシア語 → ラテン語 → フランス語

を経て英語に入った言葉で、

ギリシア語の意味は、

黒い胆汁」という意味なのです。

どうして、「黒い胆汁」という意味が、「メランコリー、物悲しさ、憂鬱、ふさぎ込み」という意味を表すようになったかと言うと、

昔は、「黒い胆汁」が多いと「うつ」になると考えられていたため

「黒い胆汁」=「うつ」=「ふさぎ込み」→「物悲しさ」

という意味を表すようになったのです。


die to A には「Aに無感覚になる、Aに無頓着になる」という意味がありますが、訳例では敢えて「前の生活に対して死ななければならない」と訳しました。



アナトール・フランス (1844-1924)

フランスの小説家
1921年ノーベル文学賞受賞。主著は『シルベストル・ボナールの罪』 『神々は渇く』など。


ブログランキングに参加しています。 おひとつよろしく(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/22(木) |
  2. アナトール・フランス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最後まで

Stay the course, light a star,
Change the world where'er you are

                     Richard Le Gallienne  


単語

course:   進路、道
light:    ~を照らす、~を明るくする
where'er:  = wherever どこに~しようとも


訳例

最後までやり遂げろ、星を照らし、どこにいようとも世界を変えるのだ。


                      リチャード・ルガリアン


解説

stay the course は、文字通り読めば、「進路にとどまる」です。ここから「(困難に負けずに)最後までがんばる、最後まであきらめない、最後までやり遂げる」という意味を表します。

course という言葉が出てきましたので、course の使われた熟語をいくつか見てみます。

(as) a matter of course 「当然のこと(として)


He have chores and does them as a matter of course.
彼には日課があり、当たり前のこととしてそれを行う。


run[take, follow] its course 
自然の成り行きになる、自然の経過をたどる、自然に消える


If you allow such behavior to run its course without reacting, eventually the behavior will disappear on its own.
そういった行為は、反応しないで自然の成り行きに任せておけば、やがて自然に消えていきます。


in the course of ~ 「~の間に、~のうちに


We have devoted enormous diplomatic effort to the resolution of the conflict in the course of the past year.
我々はこの1年間、その紛争の解決に多大な外交努力をしてきた。


in (the) course of time 「やがて、時を経るにしたがって


In the course of time she came to feel affection for him.
時を経るにつれ彼女は彼に好意を感じるようになった。



リチャード・ルガリアン (1866-1947)
イギリスの批評家・詩人



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/20(火) |
  2. リチャード・ルガリアン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生活にバランス

The best and safest thing is to keep a balance in your life, acknowledge the great powers around us and in us. If you can do that, and live that way, you are really a wise man.

                           Euripides


単語

acknowledge:  ~を認める


訳例

最良で最も安全なことは、生活にバランスを保ち、自分の周りそして自分の中に存在する強大な力を認めることなのです。これを成し、このように生活を送るならば、あなたは本当に賢者であるということになります。

                          エウリピデス
 

解説

acknowledge という英単語は、以前にもこのブログで説明しましたが、1度だけではなかなか物にできませんので、もう一度繰り返します。

基本的には、
1.(主に認めたくないこと自分の失敗などを認めること、
2.誰かの行動や手紙、メッセージなどを「認識しましたよ受け取りましたよと認めること、「認識しましたよ受け取りましたよ(態度や行動で)示すことを意味します。

ここからさらに意味が広がって他の意味もでてきます。例文で感覚をつかみましょう。


He acknowledged that he was an alcoholic.
彼は自分がアルコール中毒であることを認めた

I acknowledge         ←手紙を受け取ったことを認める 
     receipt of your letter.
手紙を受け取りましことをお知らせします。

Beth acknowledged me    ←私という存在を認識した
          with a smile.
べスは私に気づいて微笑みでこたえた。

She is generally acknowledged as one of the best artists in the world.
彼女は世界のトップアーチストの一人と広く認められている

The president acknowledged   ←彼らの援助を受け取ったことを認める
       thier help in his speech.
大統領は演説で彼らの援助に感謝の念を示した

They acknowledged the applause and said, "We wish to thank you for your great support and for being part of our work."
「彼らは拍手喝采に感謝の意を表し、『皆様のお力添えとこの仕事に参加していただいたことに感謝したいと思います』と述べた」




エウリピデス (前485頃-前406頃)

ギリシア3大悲劇詩人の一人
伝統的悲劇を合理主義精神によって改革し、神話の世界を現実の世界と融合させた。伝統的な宗教や道徳観を見つめ直し、人間の弱さをあるがままに観察すると共に、人間の持つ繊細な感情や尊厳を尊重した。




ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/17(土) |
  2. エウリピデス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

We may pass violets looking for roses. We may pass contentment looking for victory.

                           Bern Williams


単語

violet:     すみれ
rose:      バラ
contentment:   満足
victory:     勝利


訳例

我々はバラを捜しているとすみれを見過ごしてしまうかもしれません。我々は勝利を求めていると満足というものを見過ごしてしまうかもしれないのです。

                          バーン・ウィリアムズ


解説

look for ~ は「~を捜す」をいう意味で覚えている方が多いと思います。それでも問題はないのですが、look + for なので、「目をむける」+「~を求めて」から「~を求めて、そちらの方に目をやる」→「~を捜す」という意味になるわけですね。


pass という単語は、既に日本語になっていますね。「~を通過する」というのが基本ですけど、そこから意味が広がってきます。


She had to cling onto the door handle until the pain passed.
痛みが去るまで彼女はドアノブにしがみついていなければならなかった。

Congress passed the National Security Act, and the CIA was born.
議会が国家安全保障法を可決し、CIAが生まれた。

It's not for me to pass judgment, it's a personal matter between the two of you.
それは私が判断を下すことではありません。あなた方2人の問題です。

We have passed all relevant information on to the police.
我々は関係する情報をすべて警察に伝えた



バーン・ウィリアムズ
詳細不明です。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/15(木) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

悲しみがあるから

The word "happiness" would lose its meaning if it were not balanced by sadness.

                            Carl Jung


単語

meaning:   意味
sadness:   悲しみ


訳例

「しあわせ」という言葉は、悲しみによって釣り合いが取られなければ、意味を失ってしまうだろう。

                          カール・ユング


解説

昨日のメルマガの言葉と同様に、今日の言葉も「仮定法」が使われている文です。

内容は現在の事柄ですが、would、were のように助動詞と動詞が過去形になっていますね。

ですから、「現実には『しあわせ』は『悲しみ』によって釣り合いが取られているのだが、もしもそうではなかったら~」と言っているわけです。



下記の文にも仮定法が使用されています。見分けられますか?

Linda Smith, 51, sued Dr. Charles Ray, claiming the rupture, which resulted in peritonitis, could have been avoided if he had acted quicker. She arrived at Memorial Hospital at 4 a.m. and was diagnosed with appendicitis. Surgeon Ray was consulted at 7:35 a.m. but she wasn’t operated on until 5 p.m. The rupture was discovered when they opened her up. Her attorney claimed emergency surgery would have avoided the rupture, but the defendants’pathology expert testified that it burst before she arrived at the hospital, and surgery was delayed until she was more stable.


sue「~を訴える」 rupture「破裂」 pertonitis「腹膜炎」 diagnose「(人)を(~と)診断する」 consult「~に意見を求める」 appendicitis「虫垂炎(盲腸)」 operate on 人「人に手術をする」 attorney「弁護士」 emergency surgery「緊急手術」 defendant「被告(人)」 pathology「病理学」 testify「証言する」 delay「~を遅らせる」 stable「安定した」

1.the rupture, which resulted in peritonitis, could have been avoided if he had acted quicker
   と
2.Her attorney claimed emergency surgery would have avoided the rupture

の2箇所に仮定法が使われています。

1は、the rupture(, which resulted in peritonitis, )could have been avoided if he had acted quicker と括弧でくくると分かりやすくなりますね。

「腹膜炎を引き起こした破裂は、彼がもっと早く行動を起こしてくれていたら、避けられただろう」


2.は、if が使われていない仮定法なので注意が必要ですね。

emergency surgery would have avoided the rupture の主語の部分 emergency surgeryif 節の代わりをしていて、「緊急手術が行われていたら」という意味を表しているのです。

「緊急手術が行われていたら、破裂は避けられただろう、と彼女の弁護士は主張した」


【全訳】
リンダ・スミス51歳は、より素早い行動がとられていれば、腹膜炎を引き起こした破裂は避けられたとして、チャールズ・レイ医師を訴えた。彼女は午前4時に記念病院に到着し、虫垂炎と診断された。レイ外科医は午前7時35分に意見を求められたが、彼女が手術を受けたのは午後5時になってからだった。お腹を開いたときに破裂が発見された。彼女の弁護士は、緊急手術をしていれば破裂は避けられた、と主張したが、被告側の病理学の専門家は彼女が病院に到着する前に破裂は起こっており、彼女が安定するまで手術は遅らせられたのだと証言した。



カール・ユング (1875-1961)

スイスの心理学者・精神分析学者
フロイト学説の支持者であったが後に決別し、「集合的無意識」「元型」「自己」などの独自の概念を駆使し、人間の深層を探究し、分析心理学(ユング心理学)を創始した。




ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/13(火) |
  2. カール・ユング|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

意志が強いか弱いかではなく

It's not that some people have willpower and some don't. It's that some people are ready to change and others are not.

                            James Gordon


単語

willpower:   意志力


訳例

意志の強い人と弱い人がいるということではないのです。変わる準備が出来ている人とそうでない人がいるということなのです。

                          ジェイムズ・ゴードン


解説

今日の言葉も、英語らしい対比が使われている文ですね。

第1文が、It's not that
第2文が、It's that

で文同士が対比。


第1文内で

some people have willpower
    and
some (people) don't (have willpower)

が対比。


第2文内で

some people are ready to change
    and
others are not (ready to change)

が対比されています。

(   )内は繰り返しになるので省略されていますね。


It's that ~ は「(実は)~ということである」という意味を表します。

some ~ and some … または some ~ and others … は直訳的にとらえると「幾つかのもの(人)は~、そして幾つかのもの(人)[他のもの(人)]は…」ということですが、「~のもの(人)もあれば、…のもの(人)もある」とすると日本語らしくなります。



ジェイムズ・ゴードン(ジェームズ・ゴードン)

アメリカの医者・学者
アメリカにおける代替医療・補完医療の第一人者のひとり。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/10(土) |
  2. ジェイムズ・ゴードン(ジェームズ・ゴードン)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

何が起こるかではない

It's not what happens to you, but how you react to it that matters.


                             Epictetus


単語

react:  反応する、対応する
matter:  重要である、重大である



訳例

重要なのは、何があなたに起こるかではなく、あなたがそれにどう反応するかということなのだ。

                            エピクテトス



解説

It is ~ that … の強調構文(分裂文)not A but BAではなくB
が文を構成しています。

よって、「…なのは、AではなくBだ」と捉えればいいわけです。


what happens to you
how you react to it

は、共に名詞の役割をし、それぞれ

「何があなたに起こるかということ」
「どのようにあなたがそれに反応するかということ」

となります。


今日の言葉に出ている

It is ~ that matter(s)  「重要なのは~だ」

という表現は頻繁に使用されるので、ぜひ身につけたいですね。

また、

matter を count に代えて

It is ~ that count(s)  「重要なのは~だ」

も同様によく出ます。



エピクテトス (55頃 ― 135頃) 

ストア派の哲学者
古代小アジアの王国プリュギアに奴隷として生まれる。ローマで主人(皇帝ネロの
重臣)の許しを得て、ストア派の師に学ぶ。解放された後、ローマで哲学を教え、
のちにギリシアで学校をつくり教育にあたる。人はみな神の子という立場から博
愛主義を説く。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/08(木) |
  2. エピクテトス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教育の味

The roots of education are bitter, but the fruit is sweet.


                             Aristotle


単語

root:      根
education:   教育
bitter:     苦い
sweet:     甘い


訳例

教育の根っこは苦いが、その果実は甘い。


                            アリストテレス



解説

英語の文らしくきれいな対比・対照を成していますね。

the roots  対  the fruit

 bitter  対   sweet


ですね。


「教育の根っこは苦い」、つまり「人や自分を教育することは容易なことではない、辛いこともある、思い通りに進まないことも多い」こんな感じの意味合いですね。

しかし「教育の果実は甘い」、つまり「教育から得られるものは素晴らしいものだ」「辛いことを乗り越えて身につけてこと、根気強くやり続けて身につけたことは素晴らしいものをもたらしてくれる」ぐらいの意味が読み取れますね。



日本では今、教育改革が叫ばれていますよね。
今日の言葉は、何らかのヒントを与えてくれるものかもしれませんね( ̄ー ̄)。



アリストテレス (前384-前322)

ギリシアの哲学者。プラトンの弟子。
ソクラテス、プラトンと共に、西洋最大の哲学者とみなされる。政治、文学、倫理学、論理学、博物学、物理学などあらゆる分野の研究を行う。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/06(火) |
  2. アリストテレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

乱気流

Turbulence is life force. It is opportunity. Let's love turbulence and use it for change.
                       
                         Ramsay Clark


単語

turbulence:    騒乱、激動、大荒れ
opportunity:   好機、機会


訳例

激動というものは活力なのである。それは好機なのである。激動を愛し、変化のためにこれを利用しようではないか。

                       ラムズィー・クラーク


解説

turbulence という英単語は英和辞典には「騒乱、激動、大荒れ」のような訳が載っています。

ちなみにコウビルド英英辞典の定義には

1. Turbulence is a state of confusion and disorganized change.
2. Turbulence is violent and uneven movement
              within a particular area of air, liquid, or gas.

1.Turbulence とは、混乱と無秩序な変化の状態。
2.Turbulence とは、ある地域内での空気や液体や気体の
                        激しくむらのある動きのこと。

とあります。

turbulence はまた

The plane encountered severe turbulence.
飛行機は激しい乱気流に出くわした。

というように「乱気流」という意味でも用いられます。

turbulence という英単語はこの「乱気流」というイメージで取られておくと分かりやすいのではないですかね。

社会が乱気流の中にいれば、「激動」とか「動乱、騒乱」という日本語が出てきますし、emotional turbulence と言えば、「感情の乱気流」つまり、「感情が非常に混乱している」ということになりますね。


life force は「命+力」から、「生命力」という意味です。訳例では、「活力」と訳してあります。



ラムズィー・クラーク(ラムゼー・クラーク) (1927-)

アメリカの元司法長官・弁護士
湾岸戦争、イラク戦争ともに反対を表明する。アフガニスタン、イラクに対するアメリカ政府の対応を非難し、ジョージ・W ブッシュ大統領、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官等の弾劾書を書き上げる。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/03(土) |
  2. ラムズィー・クラーク(ラムゼー・クラーク)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

純粋なものにする

The battle to heal human evil always begins at home. And self-purification will always be our greatest weapon.

                         Morgan Scott Peck


単語

battle:      戦い
heal:       ~をいやす ~を治す
human:      人間の、人間が持っている
evil:       悪
purification:   清めること、浄化
weapon:      武器



訳例

人間が持つ邪悪な部分を治すための戦いはいつも家庭で始まるのです。そして自分を浄化することはいつでも我々が持つ最高の武器なのです。

                       モーガン・スコット・ペック


解説

The battle to heal human evil 不定詞の形容詞的用法というやつですね。

the battle「戦い」という名詞を後ろから to heal human evil という不定詞で説明を加えてくれるているわけです。

the ballte と言ってもどんな「戦い」か分からないので、to heal human evil「人間が持つ悪を治すための」戦いだよ、と情報を付け加えてくれているわけですね。


purification という英単語は大丈夫ですか?
ほとんど日本語になっている pureピュアな、純粋な」の仲間です。

pure に動詞語尾の fy がつくと

purify「~を純粋にする」→「~を清める、~を浄化する

となり、

purify に名詞語尾の cation がつくと

purification「清めること浄化

という名詞になります。


self- は「自己~」という意味ですから

self-purification は「自己浄化、自分を清めること」

という意味を表します。



モーガン・スコット・ペック (1936-2005)

アメリカの精神科医
『The Road Less Traveled』邦題『愛と心理療法』がベストセラーとなる。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/02/01(木) |
  2. モーガン・スコット・ペック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。