(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

判断してしまうと

Judgments prevent us from seeing the good that lies beyond appearances.

                              Wayne W. Dyer


単語

judgment:    判断、審判
appearance:   外見、外観


訳例

判断してしまうと、外見の裏側にあるよいものが見えなくなってしまいます。

                         ウェイン・ダイアー


解説

単語の欄では、judgment の訳語を「判断、審判」としましたが、judgment は judge の名詞形であり、judge の元の意味が「~を裁く、判断を下す」ですので、judgment には「裁くこと、判断を下すこと」という意味合いがあるのです。

今回の言葉の中で使われている judgment にもこの「裁くこと、判断を下すこと」という意味合いが強く込められています。


prevent O from ~ing … は「(物・事柄・人)がOが~することを妨げる」という意味を表します。


Bush and Blair prevented world leaders from calling for a ceasefire in the Middle East.
ブッシュとブレアは世界の指導者たちが中東での停戦を要求するのを妨げた。

Poor health prevented him from being a presidential candidate.
健康状態がよくなかったため、彼は大統領候補になれなかった。

Further treatment will prevent cancer from developing.
さらなる治療を施せば、ガンの進行は止められるでしょう。


ウェイン・ダイアー (1940-)

アメリカの著述家、心理学博士
子供時代を養護施設で過ごす。セントジョンズ大学で准教授を勤めた後、著述業に専念するようになる。セルフヘルプ、自己啓発の分野でベストセラー多数。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) |
  2. ウェイン・ダイアー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

判断してしまうと

Judgments prevent us from seeing the good that lies beyond appearances.

                              Wayne W. Dyer


単語

judgment:    判断、審判
appearance:   外見、外観


訳例

判断してしまうと、外見の裏側にあるよいものが見えなくなってしまいます。

                         ウェイン・ダイアー


解説

単語の欄では、judgment の訳語を「判断、審判」としましたが、judgment は judge の名詞形であり、judge の元の意味が「~を裁く、判断を下す」ですので、judgment には「裁くこと、判断を下すこと」という意味合いがあるのです。

今回の言葉の中で使われている judgment にもこの「裁くこと、判断を下すこと」という意味合いが強く込められています。


prevent O from ~ing … は「(物・事柄・人)がOが~することを妨げる」という意味を表します。


Bush and Blair prevented world leaders from calling for a ceasefire in the Middle East.
ブッシュとブレアは世界の指導者たちが中東での停戦を要求するのを妨げた。

Poor health prevented him from being a presidential candidate.
健康状態がよくなかったため、彼は大統領候補になれなかった。

Further treatment will prevent cancer from developing.
さらなる治療を施せば、ガンの進行は止められるでしょう。


ウェイン・ダイアー (1940-)

アメリカの著述家、心理学博士
子供時代を養護施設で過ごす。セントジョンズ大学で准教授を勤めた後、著述業に専念するようになる。セルフヘルプ、自己啓発の分野でベストセラー多数。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/30(木) |
  2. ウェイン・ダイアー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世の中を動かす人々は

Those who are lifting the world upward and onward are those who encourage more than criticize.

                                Anonymous


単語

lift:     ~を持ち上げる、~を引き上げる
upward:     上の方へ
onward:     前方へ、進んで
encourage:   ~を励ます
criticize:   ~を批判する、~を非難する



訳例

世の中を向上させ、前進させている人々というのは、批判するよりも激励する人たちである。

                            作者不詳


解説

-ward は「-の方向へ」を表す接尾辞(単語の後ろの部分)です。


upward:    上の方へ
downward:   下の方へ
forward:    前の方へ
backward:   後の方へ
eastward:   東の方へ
westward:   西の方へ
inward:    内の方へ
outward:    外の方へ
homeward:    家の方へ


onward の on は、

The TV is on.       テレビがついている。
The game is still on.   試合はまだ続いている。

の on で、「動作が続いて、進行して」を表す副詞です。

よって、onward は

「進行方向へ」 → 「前方へ、進んで」

という意味になるのです。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/28(火) |
  2. 作者不詳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勇気と不屈の精神

Courage and perseverance have a magical talisman, before which difficulties disappear and obstacles vanish into air.

                            John Quincy Adams

単語

perseverance:    不屈の精神、不屈の努力
magical:      魔法の
talisman:      お守り
difficulty:     困難
disappear:     存在しなくなる、消滅する
obstacle:      障害(物)
vanish: 消える、消滅する


訳例

勇気と不屈の精神には魔法のお守りがついており、このお守りの前では困難は姿を消し、障害物は虚空へと消えてなくなるのだ。

                          ジョン・クインシー・アダムズ

解説

before which は、[前置詞+関係代名詞]です。関係代名詞の which は「それ」と考えればいいんでしたよね。

ですから、before which は「それ(の)前」となります。

which = それ = a magical talisman「魔法のお守り」です。


perseverance という単語は捉えにくい単語ですね。なぜなら、英和辞書にはいろいろな訳が載っているからです。

G辞書:(困難に負けない)忍耐(力)、根気強さ、辛抱強さ
R辞書:忍耐(力)、堅忍不抜
L辞書:忍耐、辛抱、不屈の精神
W辞書:我慢強さ、不屈(の努力)、頑張り

3つの辞書で「忍耐」という訳語が1番に書かれていますので、「忍耐」という意味が一番いいのかな、と思ってしまいます。

しかし、ちょっと待ってください。こういう場合は英英辞書を引いてみると、単語の中心イメージが見えてくるのです。

L辞書:
determination to keep trying to achieve something in spite of difficulties
困難にもかかわらず、何かを成し遂げるために努力し続けるという決意

CO辞書:
Perseverance is the quality of continuing with something even though it is difficult.
Perseverance とは、困難であるけれども何かを続けていく資質。

CI辞書:
Perseverance is continued effort and determination.
Perseverance とは、持続された努力決意

O辞書:
persistence in doing something despite difficulty or delay in achieving success
成功を収めるのが困難であったり、時間が掛かり過ぎているにもかかわらず、何かをやり続ける根気強さ


「忍耐」という訳でも間違いではないのですが、英英辞書を見るとそれ以上の意味が込められている単語だということが分かります。

ただ耐えるだけではなく、「実際に努力し続け、そしてそうするのだという決意がこもっている」言葉だということが分かりますね。

このことを踏まえて、訳例では perseverance を「不屈の精神」と訳しました。「不屈の努力」と訳してもよかったかもしれません。


ジョン・クインシー・アダムズ (1767-1848)

第6代アメリカ大統領
第2代アメリカ大統領ジョン・アダムズの息子で、元弁護士。議会との対立から、大統領在職中には目立った成果は得られなかったが、モンロー大統領時に国務長官を務め、この時のちのアメリカ外交に大きな影響を与えた「モンロー主義」の立案に関わる。アメリカ史に残る外交官の一人と言われる。

ブログランキングに参加しています。 よろしく(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/25(土) |
  2. ジョン・クインシー・アダムズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勇気は梯子

Courage is the ladder on which all the other virtues mount.

                       Clare Boothe Luce



単語

ladder:   はしご
virtue:   徳、美徳
mount:   (山など)に登る、(はしごなど)を上がる



訳例

勇気とは、梯子であり、他の徳は全てこの梯子を上っていくのです。

                     クレア・ブース・ルース



解説

梯子を上がる」という時には、mount a ladder というのが普通ですので、
on which の on は不要ということになります。

しかし、英文の流れから言うと、on があった方がイメージが掴みやすくなっているのも確かなのです。

どういう事かと言うと、次の2文を英語の語順どおり前から捉えて、比較してみると分かります。which は関係代名詞、つまり代名詞なので「それ」と捉えます。

1.Courage is the ladder which all the other virtues mount.

2.Courage is the ladder on which all the other virtues mount.


1.「勇気は梯子である、それ(を)すべての他の徳が上がっていく」

2.「勇気は梯子である、その上(を)すべての他の徳が上がっていく」

どうでしょうか? 

on があることによって「その上(を)」の部分で、on が無い文「それ(を)」よりも、文の表す内容・イメージがより鮮明に見えてきませんか?

勇気をはしご(土台)にして、他の徳が上をあがっていく(上に重なっていく)」イメージがより鮮明になりますよね。



クレア・ブース・ルース (1903-1987)

アメリカの女性劇作家
アメリカの生活を風刺した『女たち』など多くの戯曲を書く。1943~47年には下院議員、53~57年にはイタリア大使を務める。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/23(木) |
  2. クレア・ブース・ルース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

がっかりすることはない

I am not discouraged, because every wrong attempt discarded is another step forward.

                        Thomas Alva Edison


単語

discourage:  ~をがっかりさせる、やる気をなくさせる
attempt:     試み
discard:     ~を捨てる
forward:     前へ



訳例

私はがっかりしたりはしない。なぜなら、やってみて駄目だったことはすべて一歩前進だからだ。

                       トーマス・アルヴァ・エジソン


解説

discourage は、dis(分離) + courage(勇気) であり、中心イメージは「勇気を分離させる、勇気を取ってしまう」です。

「勇気を取ってしまう」から、「がっかりさせる、勇気をなくさせる、やる気をなくさせる」となるわけです。


every wrong attempt discarded は、

すべての間違った試み + 捨てられた

という構造になっていて、直訳すると

「捨てられたすべての間違った試み」

となります。

訳例では、意味を取って

「やってみて駄目だったこと」

としました。


トーマス・エジソン (1847-1931)

アメリカの発明家
正規の教育は受けず、列車内で新聞を売って、自分の実験室をもつ。科学雑誌を手当たり次第に読むなど、独学し、1000件を越える発明を達成する。


ブログランキングに参加しています。 おひとつよろしく(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/21(火) |
  2. トーマス・エジソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

行動が自ずと

Don't talk about what you have done or what you are going to do ― do it and let it speak for itself.

                             Martin Vanbee



単語 ・熟語

for oneself:   自分自身で、独力で


訳例

自分の成した事であれ、これからやろうとしていることであれ、人に話すのは止めなさい。そうではなく、ただ事を成し、その行動が自ずと物語るようにするのです。

                      マーティン・ヴァンビー(歴史学者)


解説

speak for itself を直訳すると、

「それ自身で話す」

であり、ここから

→「それ自身で物語る」

→「(説明がなくても)それだけで十分物語っている、はっきりしている

という意味になります。



He was obviously a first-class driver. His record speaks for itself.
彼は明らかに一流のドライバーでした。 記録が物語っています


The beauty of these pieces speaks for itself, and is the main reason for them being collectable.
これらの作品の美しさは自明のものであり、その美しさがコレクションされる一番の理由なのです。

The results spoke for themselves: he scored a header and was colossal all match long.
結果がすべてを物語っていた。彼はヘディングを決め、試合中ずっとすばらしかったのだ。


今回の文を一言で言い表すと、

「口じゃなくて、行動で示せ

ということですね。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/18(土) |
  2. マーティン・ヴァンビー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人知れず

The greatest joy I know is to do a good action by stealth, and have it found by accident.

                          Charles Lamb



単語・熟語

by accident:    偶然(に)



訳例

私の知る最高の喜びは、人に知られずに善い事を成し、そしてそれが偶然発見されることなのだ。
                     
                        チャールズ・ラム



解説

stealth は、steal + th と分解でき、th は growth に見られる th であり、名詞語尾を表します。

つまり、stealth は、盗む+名詞語尾 = 盗むこと

となります。

元々はこの「盗むこと、盗み」という意味を表しましたが、現在では「人目を盗んだ行為、ひそかな行為、こっそりすること」という意味を表します。

アメリカが所有するステルス爆撃機(Stealth bomber) はこのステルスです。こっそり任務を遂行する爆撃機、レイダーに引っかからない爆撃機という意味ですね。


チャールズ・ラム (1775-1834)

イギリスの随筆家
東インド会社に勤務するかたわら、文筆業に従事。『ロンドン・マガジン』に寄稿したエッセーを集めた『エリア随筆』が特に有名。


ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/11/16(木) |
  2. チャールズ・ラム|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。