(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夢に信念を

Have faith in your dreams and someday your rainbow will come smiling through. No matter how your heart is grieving, if you keep believing, the dream that you wish will come true.

                            Anonymous



単語・熟語

faith:      信念
grieve:      深く悲しむ
no matter how:   たとえどんなに、たとえどのように



訳例

自分の夢に信念を持つのです。そうすれば、いつの日か空の雲が解け、虹がかかります。どんなに心が悲しみにくれていようとも、信じ続けていれば、夢は必ず叶います。


                               作者不詳



解説

Have faith in your dreams and someday your rainbow will come smiling through. の文は、

命令文 and … 「~しなさい。そうすれば、…」という構文が使われています。
直訳すると

「自分の夢に信念を持ちなさい。そうすれば、いつの日か虹が…」

となります。

後半の虹の部分は比喩的に使われています。come ~ing は「~しながらやって来る」、simile は「ほほえむ」、through は「貫いて」という意味ですので、直訳してみると、

「いつの日かあなたの虹は貫いて微笑みながらやって来る」

となります。

ここは辛い状況、恵まれない状況が、好転していく様子を天気に例えて述べているわけですね。今は雨が降っていて自分の夢が叶うなどとは想像できないが、信じ続けていれば、雨が止み、雲が解け、雲間から光が差し、そして虹がかかる。つまり状況が好転して行くというのを、虹が出てくることに例えているわけです。

このことを踏まえて、訳例では意訳して

「いつの日か空の雲が解け、虹がかかる」

としました。



ブログランキングに参加しています。夢に向かってひとつポチッと(^O^)。      ↓
人気ブログランキングバーナー



スポンサーサイト
  1. 2006/10/19(木) |
  2. 作者不詳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まねではなく

The function of education is to help you from childhood not to imitate anybody, but be yourself all the time.


                           Jiddu Krishnamurti



単語

function:   機能、役割
childhood:  子供時代
imitate:   ~をまねる



訳例

教育の役割は、人が子供時代から、他人をまねるのではなく、いつでも自分自身でいられるように助けることにあるのだ。


                       ジッドゥ・クリシュナムルティ



解説

function という言葉は、おなじみですね。ゲーム機などについている 「function ボタン」のあの function です。「機能役割」という意味です。また、動詞 「機能する」としても用いられるのでチャックしておきましょう。


Your liver is functioning normally.
あなたの肝臓は正常に機能しています。


今回の言葉には not A but BAではなくB」が使われています。

help you from childhood not to imitate anybody,

              but(to) be yourself all the time

という構造になっており、help you from childhood 以下に、AとBが来ています。
よって訳例では、

「人が子供時代から、他人をまねるのではなく、いつでも自分自身でいられるように助ける」

としました。



ジッドゥ・クリシュナムルティ (1895-1986)

インドの宗教哲学者、思想家
14歳の時、神智学協会のリードビーターとアニー・ベザントに世界教師の器として見出される。長年にわたる修業の後、25歳の時に「東方の星の教団」の首座に任命される。しかし、真理は道なき道であり、いかなる組織体とも無縁である、という考えのもと、教団を解散。その後、自由な立場で世界中を飛び回り、「人の完全な自由」について説く。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー


  1. 2006/10/14(土) |
  2. ジッドゥ・クリシュナムルティ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

すばらしいものが

Whoever I am, or whatever I am doing, some kind of excellence is within my reach.


                                John W. Gardner



単語

excellence:  長所、美点、すばらしさ
reach:     届く範囲



訳例

私が誰であろうが、何をしていようが、自分の手の届く範囲に何かしらすばらしいことがあるのだ。


                      ジョン・ウィリアム・ガードナー



解説

Whoever I am, whatever I am doing は共に譲歩の文「~であろうが」です。

whoever は「だれが(を)~でも、~であろうと」
whatever は「何(どんなこと)が(を)~でも、~であろうと」

ですね。

よって

Whoever I am 「私が誰であろうと
whatever I am doing 「私が何をしていようと

となります。

また
whoever 「~は誰でも」
whatever 「~は何でも」

という意味でも使うので注意しましょう。


I'll take whoever wants to go with me.
私と一緒に行きたい人は誰でも連れて行きます。

He will do whatever he can to help her.
彼は、彼女を助けるためなら何でもするだろう。


some kind of excellence の some は「いくつかの」ではなく「ある~何かの~」を表します。

some kind of excellence は「ある種類のすばらしさ、美点」ということです。




ジョン・ウィリアム・ガードナー (1912-2002)

アメリカの教育者・政府高官
1965~68年、ジョンソン政権下で、保険・教育・福祉長官を務め、老人福祉や貧困家庭への教育の充実などに尽力。1970年、国家的な諸問題に対応するために、政治改革や立法を求める非営利の市民団体 Common Cause を創設。


ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/10/12(木) |
  2. ジョン・ウィリアム・ガードナー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分の思考が

According to the sum total of our thoughts, we are either attracting good to us or repelling it from us.


                               Ernest Holmes



単語

the sum (total):  合計、総計
thought:      思考
attract:      ~を引き付ける
repel:       ~を追い払う



訳例

思考の総計に応じて、我々はよいことを引き寄せたり、よいことをはねつけたりしているのだ。


                        アーネスト・ホームズ



解説

according to ~ は「~に従って、~に応じて、(~の言うところ)によれば」という意味です。


I want him to act according to his belief.
彼には信念に従って行動してもらいたい。

The children are grouped according to ability.
子供たちは能力に応じてグループに分けられる。

According to today's paper, five people were injured in the accident.
今日の新聞によると、その事故で5人が負傷した。



repel は、re(back 戻して) + pel(drive 駆り立てる) と分解できます。つまり、

「来たものを元の方へと駆り立てる」

      ↓

「~を追い払う、~をはねつける」

となります。


We managed to repel the ememy's attack.
我々は何とか敵の攻撃を撃退した。



アーネスト・ホームズ (1887-1960)

宗教科学(運動)の創設者。
宗教科学(運動)では、個々人のマインドはユニバーサル・マインドと一体であり、宇宙はこのユニバーサル・マインドが物質として顕現したものと捉える。
主著『The Science of Mind 』。


ブログランキングに参加しています。
おひとつよろしくお願いします(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー




  1. 2006/10/10(火) |
  2. アーネスト・ホームズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

習慣は力を

All habits increase their power by repitition; resentment begets more resentment and love begets even more love.


                                 Anonymous



単語

repitition:   繰り返し
resentment:   憤り
beget:      ~を生じさせる



訳例

習慣は全て、繰り返されることによって力を増す。憤りは憤りをうみ、愛はより一層の愛を生む。


                           作者不詳



解説

resentment begets more resentment と
love begets even more love. を見ると、

同じ構文で書かれていますが、love の方の文には more を強める副詞の even 「いっそう」 という単語が使われています。この even があることで、「繰り返されることによって、resentment よりも love の方がより一層大きくなるんだよ」という話し手の気持ちが読み取れます。


Fred Van Amburgh という人は次の言葉を残しています。

Insted of being slaves to bad habits, why not be servants to good habits?

「悪い習慣の奴隷になるのではなく、良い習慣の召使になりませんか?」


誰もが愛することを習慣にしたらすばらしい世の中になりますよね。
私は 「憤りではなく、愛を選択したいと思います。愛することを習慣にしたいと思います」



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



今日は満月ですね。



  1. 2006/10/07(土) |
  2. 作者不詳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

習慣は

Habit is either the best of servants or the worst of masters.


                             Nathaniel Emmons



単語

servant:    召使
master:    主人



訳例

習慣とは、最高の召使か、あるいは最悪の主人だ。


                     ナサニエル・エモンズ



解説

either A or B で「AまたはB」ですね。


servant という単語は、

serv(e) + ant から成っており、文字通りに捉えると「奉仕する人」という意味です。

ant は「~する人(もの)」を表す接尾辞です。


accountant  account する人 → 会計士
assistant   assist する人 → アシスタント、助手
defendant   defend する人 → 被告(人)
informant   inform する人 → 情報提供者
occupant   occupy している人 → 居住者、占有者



ナサニエル・エモンズ (1745-1840)

アメリカの神学者
エール大学卒業後、神学を学び、牧師となる。ホプキンズ神学から独自の神学を展開した。


ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー




  1. 2006/10/06(金) |
  2. ナサニエル・エモンズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

習慣は自分で

The habit of viewing things cheerfully, and of thinking about things hopefully, may be made to grow in us like any other habit.
                                Samuel Smiles


単語

view:      ~を見る
cheerfully:   楽しそうに、うれしそうに、陽気に
hopefully:    希望をもって、期待をもって


訳例

陽気に物事を見る習慣、希望を持って物事について考える習慣は、他の習慣と同じように自分の中に育てることができるのだ。

                         サミュエル・スマイルズ

解説

以前 and を見たら、注意という話をしました。and を見たら、後ろをチェックし、次に前で同じ役割のものを探し、何と何が並列(同じ重さ)になっているのか確認する必要がありました。

  and of thinking about things hopefully

というように、and の後に、of ~ という形が来てます。前を見ると、

  The habit of viewing things cheerfully

habit の後に、of ~ という同じ形があります。

つまり、

The habit of viewing things cheerfully

      of thinking about things hopefully

というように、habit を説明する部分が2つあるというわけですね。


(may) be made to grow in us の部分は大丈夫でしょうか。
この文の主語は the habit です。

make the habit grow in us  make O COにCさせる」 という形がもとになっており、

the habit を主語にするために、受身の文となり、

  the habit (may) be made to grow in us

となりました。5文型をとる使役動詞(make, letなど)や知覚動詞(see, hearなど)を受身の文にすると、to が現れるんでしたよね。

上の文を直訳すると

「習慣は、我々の中で成長させられる(可能性がある)」

となりますが、訳例ではもっと自然な日本語にして

「(習慣は)自分の中に育てることができる」

としました。



サミュエル・スマイルズ (1812-1904)

イギリスの著述家
医者であったが、後に文筆活動に専念するようになる。著書 Self-Help は、17ヶ国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなる。日本でも明治時代、『西国立志編』として翻訳され、記録的な売れ行きを示す。今は『自助論』として翻訳が出ている。



ブログランキングですか。ほほ~、ではひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



  1. 2006/10/04(水) |
  2. サミュエル・スマイルズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

習慣が人生を

Have you ever fully realized that life is, after all, merely a series of habits, and that it lies entirely within one's power to determine just what that series shall be?

                                Ralph Waldo Trine


単語

realize:      ~を悟る、~をはっきりと理解する
after all:     結局
merely:       単に(~に過ぎない)
a series of:    一連の
habit:       習慣、癖
entirely:      まったく
determine:     ~を決定する



訳例

人生とは単に習慣の連なりに過ぎないということ、その習慣の連なりがどんなものになるかを決定する力が我々の中にあり、この力の内に人生は存在しているということを今までにはっきりと理解したことがあるだろうか。

                        ラルフ・ウォルドー・トライン



解説

and が出てきたらいつでも注意が必要です。何と何を並列(同じ重さ)で結んでいるのかを確認しなければなりません。

and の後ろを見ます。that(節) が来ています。前に戻って that を探すと、ありますね。

つまり、ralize が2つの目的語

that life is, after all, merely a series of habits
結局、人生は一連の習慣に過ぎないということ



that it lies entirely within one's power [to determine just what that series shall be]
人生は全く自分の力内に存在しているということ


を取っているということが分かります。


one's power to determine just what that series shall be は、

to不定詞の形容詞的用法で「決定する(という)力」、そして ここでは shall = will と考えて構いませんので、「その連なりがどんなものになる(だろう)かを決定する力」となります。



トラインが言っていることは、

「習慣が人生を作る。習慣は自分で形作ることができる。自分で選ぶことができる。だから、自分の人生は自分で作れるんだよ

ということですね。




ラルフ・ウォルドー・トライン (1866-1958)

アメリカの著述家、哲学者。
1897年発売の "In Tune with the Infinite" 『人生の扉をひらく「万能の鍵」』はベストセラーとなり、以来20カ国以上の国で翻訳され、100年以上も売れ続けている。自動車王と知られるヘンリー・フォードはこの本のおかげで自分は成功できたと述べている。


ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー




  1. 2006/10/03(火) |
  2. ラルフ・ウォルドー・トライン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

本質に目を向けて

The people who call my work 'abstract' are imbeciles. what they call 'abstract' is in fact the purest realism, the reality of which is not represented by external form but by the idea behind it, the essence of the work.

                         Constantin Brancusi



単語

abstract:    抽象的な、抽象主義の作品
imbecile:    ばか
pure:      純粋な
realism:     リアリズム、写実主義
reality:     現実性、
represent:    ~を表す
external:    外の
form:      形
essence:     本質



訳例

私の作品を抽象的なものだと言う人は、ばかものだ。彼らが抽象的だと言うものは、実際には最も純粋なリアリズムであり、リアリズムの現実性というのは外側の形によって表されるのではなく、その形の背後にあるアイディア、つまりその作品の本質によって表されるのだ。


                       コンスタンティン・ブランクーシ



解説

リアリズム(写実主義)とは、

現実を美化したり、理想化したしせず、ありのままに描写しようとする文学や芸術上の立場

のことです。


what they call 'abstract' is in fact the purest realism, the reality of which is not represented by external form but by the idea behind it, the essence of the work の

, the reality of which is ~ の部分をきちんと理解できたでしょうか?

この which は非制限用法の関係代名詞で、書き換えると

, and the reality of it is ~

となり、it(which) = the purest realism を表しています。

直訳してみると
「彼らが抽象的だと言うものは、実際には最も純粋なリアリズムであり、そしてその最も純粋なリアリズムの現実性は~」

となります。

次に続く部分では、not A but B 「AではなくB」 が使われています。

最後の the essence of the work は、前の the idea behind it と同格であり、言い換えになっています。



コンスタンティン・ブランクーシ (1876-1957)

ルーマニアの彫刻家。パリで活躍。
独創的な抽象的作品を制作し、外見よりも本質を表現しようとした。抽象彫刻の先駆者であり、現代彫刻に大きな影響を与えた人物である。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー




  1. 2006/10/02(月) |
  2. コンスタンティン・ブランクーシ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。