(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

この世は絶対的なものではない

The world is a relative place of good and evil. Remember this point at all times. Try to live happily in any place, under any condition. You will become a strong and dynamic personality. This is a great secret.

                                    Sivananda



単語

relative: 相対的な
evil: 悪
dynamic: 精力的な、力強い
personality: 人格



訳例

この世は善と悪からなる相対的なものである。この事をいつも心に留めておいて欲しい。どこにいようと、どんな状況であろうと努めて幸せに生きるようにして欲しい。そうすればあなたの人格は強靭で、力強いものになる。これこそ大いなる鍵である。

                             シバナンダ



解説

The world is a relative place of good and evil の of は次の例を見てみるとわかりやすいと思います。


This desk is made of wood. この机は木でできている。

Water is composed of hydrogen and oxygen.
                    水は水素と酸素からなる。

というように、「材料、構成要素」を表す o f です。

よって、The world is a relative place of good and evil を直訳すると

「世界は、善と悪からできている相対的な場所である」

となります。

訳例では「この世は善と悪からなる相対的なものである」としました。




スポンサーサイト
  1. 2005/12/14(水) |
  2. シバナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真の存在

What lies behind us and what lies before us are tiny matters compared to what lies within us.

                              Ralph W. Emerson



単語

lie: 横たわる、ある
tiny: ごく小さい
matter: 事、事柄



訳例

背後にあることも前方にあることも、内にあることに比べれば、些細なことである。

                     ラルフ・ウォルドー・エマソン



解説

compare to [with] A で「Aと比べると」という意味で、文頭に来ることもあります。


Compared with the early models, personal computers now are much cheaper.
初期のものに比べると、今のパソコンは値段がはるかに安い。


文全体の構造は次のようになっていますので、
S(主語) V(動詞) C(補語) M(修飾語)

[What lies behind us]
    S
   and      are     tiny matters   [compared to ~ us]
            V          C              M
[What lies before us]
    S

直訳すると

「我々のうしろにあることと、我々の前にあることは、我々の内にあることに比べると、ごく小さな事柄である」

となります。

簡潔にして

「背後にあることも前方にあることも、内にあることに比べれば、些細なことである」

としました。


  1. 2005/12/11(日) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

諦めるな

The probability that we may fail in the struggle ought not to deter us from the support of a cause we believe to be just.

                           Abraham Lincoln



単語

probability: 見込み、公算
struggle: 苦闘、闘争、努力
ought to: ~すべきである
deter A from ~: Aが~するのを思いとどまらせる
cause: 主義、大目標、理想
just: 正しい、公正な



訳例

うまく行かないと思われたとしても、正しいと信じている理想をあきらめるべきではない。
                      アブラハム・リンカーン



解説

上の文は無生物主語の構文と呼ばれるものです。

無生物主語の構文は、「原因や理由、方法や手段、条件など」が主語になる構文で、主語の部分を「~のために、~なので、~すると」のように副詞的に訳すと日本語らしくなります。


Illness prevented me from attending the meeting.
「病気が、私が会議に出席することを妨げた」
        ↓
「病気のために、私は会議に出席できなかった」


This medicine will make you feel better.
「この薬は、あなたの気分をよくするだろう」
        ↓
「この薬を飲めば、気分がよくなるでしょう」


上の文は the probability が主語、ought not to deter が述部で次のような構造になっており、
The probability [that we may fail in the struggle] ought not to deter us from the support of a cause [we believe to be just].

骨格だけを取り出すと
The probability ought not to deter us from the support of a cause.

「見込みが、我々が理想を維持することを思いとどまらせるべきではない」

です。

全体を直訳してみると
「我々が苦闘の中で失敗するかもしれないという見込みが、正しいと信じている理想を我々が維持することを思いとどまらせるべきではない」

         ↓意訳して

「苦闘の中で失敗するかもしれないと思われても、正しいと信じている理想を維持することを思いとどまってはならない」

         ↓さらに意訳して

「うまく行かないと思われたとしても、正しいと信じている理想をあきらめるべきではない」

としました。



  1. 2005/12/07(水) |
  2. アブラハム・リンカーン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

行動を起こせ

There are risks and costs to a program of action. But they are far less than the long-range risks and costs of comfortable inaction.

                       John F. Kennedy



単語

long-range: 長期の
comfortable: 快適な、気楽な



訳例

行動には危険や犠牲が伴う。しかし、何もしないでぬくぬくしていることの方が危険や犠牲は長期に渡るのであり、行動を起こす方が危険や犠牲はずっと小さいのである。

                      ジョン・F・ケネディ



解説

they are far less than the long-range risks and costs of comfortable inactionを直訳すると、

「それらは、気楽な無活動の長期に渡る危険や犠牲よりはずっと小さいのである」

となりますが、「危険や犠牲」を修飾している言葉が多すぎて読みづらくなってしまいます。

ケネディの発言は、「行動」と「無活動」とを比較し、どちらがより「危険や犠牲」が大きいのかを言っていますので、2つを対比させるような形で訳すことを考え、

comfortable inactionを「何もしないでぬくぬくしていることの方が」と「行動を起こすこと」と対比させ、またthe long-range risks and costsも「危険や犠牲が長期に渡る」と文章にし、

「何もしないでぬくぬくしていることの方が危険や犠牲は長期に渡るのであり、行動を起こす方が危険や犠牲はずっと小さいのである」

としました。


  1. 2005/12/04(日) |
  2. ジョン・F・ケネディ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。