(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

その時は分からないかもしれないが

You may not realize it when it happens, but a kick in the teeth may be the best thing in the world for you.

                            Walt Disney


単語

realize:   ~を悟る、~をはっきりと理解する
teeth:    tooth(歯)の複数形


訳例

起こっている時には分からないかもしれないが、歯を蹴られることがあなたにとって世界で一番いいことかもしれないのだ。

                        ウォルト・ディズニー


解説

a kick in the teeth は文字通り訳すと「歯へのひと蹴り、歯を蹴ること」です。

みなさんも経験があると思いますが、歯に刺激を加えられると、非常に痛くて、苦痛ですよね。歯を蹴られるとなるとこれは大変な痛みで、堪ったものではないですね。ここから a kick in the teeth「歯へのひと蹴り、歯を蹴ること」という表現の意味が広がり、

「歯へのひと蹴り、歯を蹴ること」
   ↓
「歯を蹴られること」
   ↓
「ひどく苦痛なこと」
   ↓
「大きな失望、(思わぬ)ひどい仕打ち」

というように a kick in the teeth が「大きな失望、(思わぬ)ひどい仕打ち」の意味で使われるようになりました。


I laid my life on the line for the company and they repaid me with a kick in the teeth.
私は会社のために尽くしたのに、ひどい仕打ちを受けた(で報いられた)。


今日の文を訳す際にも、「大きな失望、(思わぬ)ひどい仕打ち」と訳してもいいのですが、文字通り訳した方が文章全体の感じがより出ますので、「歯を蹴られること」と訳しました。


You may not realize it when it happens, の2つの it はそれぞれ

最初の it = a kick in the teeth may be the best thing in the world for you

2番目の it = a kick in the teeth

を表します。


ウォルト・ディズニー (1901-1966)

アメリカのアニメーション製作者。
ミッキー・マウスやドナルド・ダックの作者。遊園地ディスにーランドの生みの親。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



スポンサーサイト
  1. 2006/12/05(火) |
  2. ウォルト・ディズニー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。