(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

がっかりすることはない

I am not discouraged, because every wrong attempt discarded is another step forward.

                        Thomas Alva Edison


単語

discourage:  ~をがっかりさせる、やる気をなくさせる
attempt:     試み
discard:     ~を捨てる
forward:     前へ



訳例

私はがっかりしたりはしない。なぜなら、やってみて駄目だったことはすべて一歩前進だからだ。

                       トーマス・アルヴァ・エジソン


解説

discourage は、dis(分離) + courage(勇気) であり、中心イメージは「勇気を分離させる、勇気を取ってしまう」です。

「勇気を取ってしまう」から、「がっかりさせる、勇気をなくさせる、やる気をなくさせる」となるわけです。


every wrong attempt discarded は、

すべての間違った試み + 捨てられた

という構造になっていて、直訳すると

「捨てられたすべての間違った試み」

となります。

訳例では、意味を取って

「やってみて駄目だったこと」

としました。


トーマス・エジソン (1847-1931)

アメリカの発明家
正規の教育は受けず、列車内で新聞を売って、自分の実験室をもつ。科学雑誌を手当たり次第に読むなど、独学し、1000件を越える発明を達成する。


ブログランキングに参加しています。 おひとつよろしく(^O^)。
  ↓
人気ブログランキングバーナー



スポンサーサイト
  1. 2006/11/21(火) |
  2. トーマス・エジソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。