(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

許しの経済

Forgiveness is the economy of the heart... forgiveness saves the expense of anger, the cost of hatred, the waste of spirits.

                                Hannah More



単語

forgiveness:    許すこと
economy:     経済、節約すること、効率的使用
save:    ~を省く、節約する
expense:     費用、出費、損失
cost:     費用、出費、損害
hatred:     憎しみ、憎悪
waste:     浪費、無駄遣い
spirit:     気分、元気



訳例

許すことは、心の経済なのです。つまり、許すことによって、怒りから生まれる費用、憎しみから生まれる損害、元気の無駄遣いを省けるのです。

                        ハンナ・モア



解説

またまた of ですね。「出所」の of です。「~を出所とする…」ですね。

the economy of the heart
the expense of anger
the cost of hatred
the waste of spirits

それぞれ
「心を出所とする経済」   →   心の経済
「怒りを出所とする費用」   →   怒りから生まれる費用
「憎しみを出所とする損害」   →   憎しみから生まれる損害
「元気を出所とする無駄遣い」   →   元気の無駄遣い

となります。

今回の文は、最初から of を 「~の」 と捉えても理解できますが、「~を出所とする」と捉えておいた方が、「怒りから生まれる費用」 「憎しみから生まれる損害」のように捉えることができるので、内容が理解しやすくなるはずです。





Hannah More  ハンナ・モア(1745-1833)

イギリスの女流劇作家、小説家。
晩年には貧しい人々のために学校を建設し、教育を施すなど、貧民の救済活動に尽力しました。しかし、教育は農業の害になるという農民の考えや、聖職者の無関心・無理解など、多くの困難に直面しました。





スポンサーサイト
  1. 2006/09/09(土) |
  2. ハンナ・モア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。