(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

描けるものは可能

Our imagination is the only limit to what we can hope to have in the future.

                   Charles Franklin Kettering




単語

imagination: 想像力   
limit: 限界、制限  



訳例

我々の想像力だけが唯一、我々が将来持ちたいと思うものを制限してしまう。

                 チャールズ・フランクリン・ケタリング




解説

what we can hope to have in the future は全体で名詞の役割(名詞節)をなしています。

この what には2つの解釈が可能です。


we can hope to have ○ in the future の○の部分を問う形にするために○が what(疑問詞)に変わり前に出たもの。

よって直訳すると
「我々が将来なにを持つことを望むことができるか」


we can hope to have ○ in the future の○(目的語)の部分に焦点をあわせるため ○が what(先行詞を含む関係代名詞)に変わり前に出たもの。

直訳すると
「我々が将来持ちたいと望むことのできるもの」


日本語に訳すときは、文脈に応じてどちらの訳にするかを決めます。
ここでは2の訳を採用しています。




チャールズ・フランクリン・ケタリング(1876-1958)

アメリカの発明家。自動車技術の発展に寄与した人物で、電気式スターター、点火装置、高速2サイクルディーゼル機関などを発明しました。



ケイタリングの言いたいことは、どんなことでも想像できるものは実現できるし、想像力を拡げれば、さらにすばらしいことも実現可能だ、ということですね。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/04(月) |
  2. チャールズ・フランクリン・ケタリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。