(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

耐えること

Endurance is one of the most difficult disciplines, but it is to the one who endures that the final victory comes.

             Buddha



単語

endurance: 忍耐(力)、辛抱
discipline: 規律、鍛錬
endure: ~に耐える
victory: 勝利



訳例

忍耐というものは、最も身につけることが難しいものの一つである。しかし、最後に勝利をおさめるのは、耐え抜いた者なのである。

                             仏陀



解説
endure は、「困難な状況、好ましくない経験などに長期間、屈することなく耐える」という意味です。

類語の
tolerate は、「好ましくないことを受け入れる」、
bear は、「どうすることもできないので、好ましくない状況を受け入れる」、
put up with は、ほぼ tolerate と同じ意味です。

endurance は、 endure の名詞形です。


it is to the one who endures that the final victory comes. この文の構文を見抜けたでしょうか。

前回でてきた 「It is ~ that …」の強調構文が使われています。下線部が強調されているわけです。
下線部に関係代名詞の who が使われているので、少しわかりづらくなっています。

もとの文は、

the final victory comes to the one who endures.

です。

また、ここの one は、

one = person

です。

もとの文を直訳してみると、

「最後の勝利は、耐えた者にやってくる」

となります。

「耐えた者に」を強調してみると

「最後に勝利するのは、耐えた者である」

と言えます。


訳例では、もう少し感じを出して

「最後に勝利をおさめるのは、耐え抜いた者なのである」

としました。

あるいは、

「耐え抜いた者にこそ、最後の勝利はもたらされるのである」

としてもいいと思います。



スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

憎しみ

Never in the world can hatred be stilled by hatred; it will be stilled only by non-hatred ― this is the law eternal.

                       Gautama Buddha



単語

hatred: 憎しみ
still: ~を静める、和らげる
non-: 非~、不~、無~
eternal: 永遠の、不変の



訳例

決して憎しみを憎しみで静めることはできない。憎しみを用いない時にのみ、憎しみは静められる。これは不変の法則である。

                         ゴータマ・ブッダ



解説

前回同様、第一文 Never in this world can hatred be stilled by hatred には、

「否定語句( only を含む)が文頭に出ると、後が疑問文の語順になる」というルールに基づき、倒置が起きています。

Hatred can never in the world be stilled by hatred.

            ↓

Never in the world / can / hatred / be stilled by hatred.

主語 Hatred の前に助動詞 can が出ています。

in the world は否定を強調する語句で「決して~ない、全く~ない」という意味です。


I don’t have a care in the world.    全く気にしない。

Nothing in the world will change his mind.
         どんなことがあっても彼の決心は変わらないだろう。


よって前から訳していくと

「決して憎しみは憎しみによって静めることはできない」

となります。



  1. 2006/01/04(水) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

少しずつでも

Let no man think lightly of good, saying in his heart, “it will not benefit me.” As by the falling of raindrops a jar of water is filled, so the wise man becomes full of good, even though he collects it little by little.   
                       Gautama Buddha



単語

benefit: ~のためになる
raindrop: 雨つぶ、雨滴
jar: つぼ
little by little: 少しずつ、徐々に


訳例

誰であれ、善を軽視させてはならない。「善なんて自分には役立たない」などと思わせてはならない。降ってくる小さな雨つぶが水瓶を満たすのと同じように、賢者は善で満たされていくのだ。たとえ、少しずつだとしても。
     
                               ゴータマ・ブッダ


解説

think lightly of ~ で「~を軽視する」という意味をなします。「~を軽視する」は次のような言い方もあります。

think lightly of ~ = think light of = think little of = make light of = make little of

また、逆の意味を表す「~を重視する」は、次のようになります。

think highly of ~ = think much of = make much of

of がaboutと似た意味をなす場合があることを知っていると、覚えやすいでしょう。

She spoke of her victory.     自分の勝利について語った。
He talk of his car.       自分の車について話をした。

つまり、

think lightly of ~ は、「~について軽く考える」
think highly of ~ は、「~について大いに考える」 ということです。


As by the falling of raindrops a jar of water is filled, so the wise man becomes full of goodでは、

( just ) as ~ so …「(ちょうど)~であるのと同様に、…」  が大きな枠組みを成し、また

by the falling of raindrops が強調のために a jar of water is filledの前に出た形になっています。




  1. 2005/10/02(日) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

融通無碍

Carpenters bend wood; fletchers bend arrows; wise men fashion themselves...
          
                    Gautama Buddha

単語
carpenter: 大工
wood: 材木
bend: 曲げる
fletcher: 矢羽職人
arrow: 矢
fashion: ~を形作る、適合させる


訳例

大工は木を曲げ、矢羽職人は矢を曲げる。しかし賢者は自分自身を適合させる。

                         ゴータマ・ブッダ

解説
;(セミコロン)は等位接続詞、つまり and や but などの代わりに用いられることがあります。

ここでは
Carpenters bend wood と fletchers bend arrows は、同等の意味合いを持ちますので、間のセミコロンを and として、

Carpenters bend wood; fletchers bend arrows と wise men fashion themselves は、対立する意味合いを持ちますので、間のセミコロンを but として、訳出しました。




  1. 2005/08/14(日) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

思考が現実を作る

All that we are is the result of what we have thought. If a man speaks or acts with an evil thought, pain follows him. If a man speaks or acts with a pure thought, happiness follows him, like a shadow that never leaves him.

                        Buddha


単語・熟語

evil: 悪い、邪悪な
follow: ~の後について来る
leave: 去る、置き去りにする


訳例

我々の存在すべては、思考の結果である。邪悪な思考をもって話し、行動すれば、苦痛がおとずれる。純粋な思考をもって話し、行動すれば、幸福がおとずれる。どこへでも付いてくる影に似ている。

                        仏陀
  1. 2005/05/08(日) |
  2. ゴータマ・仏陀|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。