(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

見た目、思い込みの向こう側

The way out into the light often looks dark,
The way that goes ahead often looks as if it went back.
The way that is least hilly often looks as if it went up and down,
The power that is really loftiest looks like an abyss,
What is sheerest white looks blurred.

                              Lao-tzu



単語

hilly: 丘の多い、起伏のある
lofty: 非常に高い、高尚な
abyss: 深い淵
sheer: まったくの、混ぜ物のない
blur: ~をぼやけさせる、~を汚す



訳例

光へと広がる道は暗く見え、
前進する道はまるで後退するかのように見える。
最も起伏の少ない道は上り下りがあるように見え、
最高の徳は、深い淵のようであり、
真っ白なものは汚れているように見える。

                              老子



解説

The way out into the light often looks dark の out は「外へ、のびて」という意味です。

The way into the light でもいいのですが、
out があることによって「道が外へでて、光の中へ伸びている」というイメージが感じられます。

類例
The peninsula pushis far out into the sea.
その半島は、海に長く突き出ている。

This road goes behind the building and then leads out into the main road.
この道はビルの裏を通り大通りに抜ける。



スポンサーサイト
  1. 2006/06/04(日) |
  2. 老子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あるがままに

Life is a series of natural and spontaneous changes. Don’t resist them – that only creates sorrow. Let reality be reality. Let things flow naturally forward in whatever way they like.

                                     Lao-tzu



単語

spontaneous: 自然に起きる、自発的な
resist: ~に抵抗する
sorrow: 悲しみ
whatever: どんな~でも



訳例

人生とは、自然に起こる変化の連続である。変化に抵抗してはならない。抵抗は、悲しみを生み出すだけである。現実は現実として受け入れなさい。物事は、それが望むがままに自然に流れさせてあげなさい。          
 
                            老子



解説

let A doは「Aが~したいようにさせる」という意味です。

Let reality be realityを直訳すると、

「現実は現実でありたいようにさせる」となりますが、文脈を考慮して

→「現実は現実であらせる」
→「現実は現実として受け止める」
→「現実は現実として受け入れる」

としました。


また
in whatever way (that) they likeを直訳すると、

「物事が好むどんな方法(やり方)ででも」ですが、これでは日本語としてぎこちないので、


「それが望むがままに」

と簡潔にしました。



  1. 2005/11/02(水) |
  2. 老子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こつこつと

A tree as big around as you can reach start with a small seed; a journey of a thousand miles begins with a single step.
                                   Lao-tzu



単語

around: 周囲が
seed: 種
journey: 道程、旅


訳例

周囲が両手の長さほどの木もはじめは小さな種である。「千里の道も一歩から」である。
       
                           老子


解説

日本語では、「~から始まる」というように「~から」といいますが、英語ではstart with, begin withであることに注意しましょう。

食物連鎖は緑色植物から始まる。  A food chain starts with green plants.

この本から読み始めるのがよい。   You should begin with this book.
  1. 2005/09/29(木) |
  2. 老子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

道具としての心

The perfect man employs his mind as a mirror. It grasps nothing. It refuses nothing. It receives, but doesn’t keep. Thus he can triumph over matter, without injury to himself...

                             Lao-tzu

単語

employ: ~を雇う、使用する
grasp: ~をつかむ、とらえる
refuse: ~を拒絶する
thus: だから、したがって
triumph: 打ち勝つ、勝利をおさめる
injury: 負傷、損害


訳例

完成された人間は心を鏡として用いる。心は何もつかみ取らない。何も拒絶しない。受け取るが、しかし保持しない。したがって、完成された人間は害を受けずに物質を克服することが出来る。

                               老子
  1. 2005/07/13(水) |
  2. 老子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。