(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人のためだけではない

It is one of the most beautiful compensations of life, that no man can sincerely try to help another without helping himself.


                        Ralph Waldo Emerson


単語

compensation:  埋め合せ、補償、報酬
sincerely:    心から


訳例

誰かを本当に助けようとすれば必ず自分自身も助けることになるということ、これは人生が与えてくれる最もすばらしい補償の一つなのだ。


                    ラルフ・ウォルドー・エマソン


解説

全体が It is ~ that S V … の形式主語構文で、that 以下が本当の主語になりますね。


compensation は、compensate の名詞形です。受験で compensate for~を埋め合わせる、~を償う、~を補う」 という言い回しを覚えた方も多いと思います。


Your intelligence will compensate for your lack of experience.
君の知性が経験不足を補ってくれるよ。


compensate の原義は「重さをつりあわせる」であり、ここから「埋め合わせる、補償する」などという意味になるわけです。そして compensation が「埋め合せ、補償、報酬」という意味を表す訳ですね。



ラルフ・ウォルドー・エマソン(1803-1882)

アメリカの思想家、詩人。
苦学してハーバード大学を卒業した後、牧師になるが、教会の形式主義に疑問
を感じ職を辞す。人生のほとんどをマサチューセッツ州コンコードで過ごし、
思索・読書・書術の生活を送る。講演 The American Scholar や著書 Nature
などがアメリカの思想界に大きな影響を与える。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/08/30(木) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

香水のようなもの

Happiness is a perfume you cannot pour on others without getting a few drops on yourself.

                  Ralph W. Emerson



単語

perfume: 香水、(快い)香り
pour: 注ぐ



訳例

幸福とは、香水のようなもので、他の人に注ごうとすると必ず自分にも掛かってしまうものなのである。

                        ラルフ・ウォルドー・エマソン



解説

文を直訳すると

「幸福は、あなたが自分自身に数滴掛けること無しでは、他人に注ぐことのできない香水である」

となります。

cannot ~ without … は文字通り「…なしでは~できない」なのですが、前から読んで「~すると必ず…する」と訳する日本語らしくなりますので、

訳例では、

「他の人に注ごうとすると必ず自分にも掛かってしまうものなのである」

としました。




  1. 2006/05/11(木) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真の存在

What lies behind us and what lies before us are tiny matters compared to what lies within us.

                              Ralph W. Emerson



単語

lie: 横たわる、ある
tiny: ごく小さい
matter: 事、事柄



訳例

背後にあることも前方にあることも、内にあることに比べれば、些細なことである。

                     ラルフ・ウォルドー・エマソン



解説

compare to [with] A で「Aと比べると」という意味で、文頭に来ることもあります。


Compared with the early models, personal computers now are much cheaper.
初期のものに比べると、今のパソコンは値段がはるかに安い。


文全体の構造は次のようになっていますので、
S(主語) V(動詞) C(補語) M(修飾語)

[What lies behind us]
    S
   and      are     tiny matters   [compared to ~ us]
            V          C              M
[What lies before us]
    S

直訳すると

「我々のうしろにあることと、我々の前にあることは、我々の内にあることに比べると、ごく小さな事柄である」

となります。

簡潔にして

「背後にあることも前方にあることも、内にあることに比べれば、些細なことである」

としました。


  1. 2005/12/11(日) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

何度でも失敗していい

Our greatest glory consists not in never falling, but in rising every time we fall.

                           Ralph Waldo Emerson



単語・熟語

glory: 栄誉、栄誉をもたらすもの
consist in: ~にある



訳例

我々にとって最高の栄誉となることは、決して転ばないことではなく、転んだらその都度立ち上がることなのだ。
 
                       ラルフ・ウォルドー・エマソン



解説

英文はconsist in 「~にある」とnot A but B「AではなくB」が合わさった形になっています。

直訳してみると

「我々の最高の栄誉は、決して転ばないことではなく、転んだらいつでも立ち上がることにある」

となります。

主語を少し変えて

「我々にとって最高の栄誉となることは、決して転ばないことではなく、転んだらその都度立ち上がることなのだ」

としました。


  1. 2005/11/16(水) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

恐れを直視する

Do the thing you fear, and the death of fear is certain.

                  Ralph Waldo Emerson



訳例

恐れを感じていることをやりなさい。そうすれば、恐れは必ず無くなる。

                         ラルフ・ウォルドー・エマソン


解説

命令文, and ~ で「…をしなさい。そうすれば~」という意味になります。

これの逆で

命令文, or ~ 「…しなさい。さもないと~」という構文もよく使われます。


Get up early, or you will miss the first train. 「朝早く起きなさい。さもないと始発列車に乗り遅れます」


the death of fear は、直訳すると「恐れの死」ですが、fear dies を名詞化したものですので、

「恐れが死ぬ」→ 「恐れがなくなる」と考えると、日本語らしくになります。
  1. 2005/08/21(日) |
  2. ラルフ・ウォルドー・エマソン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。