(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分を愛すこと

Our first duty is not to hate ourselves.

                    Vivekananda



単語

duty: 義務、本分、任務
hate: ~を嫌う、憎む



訳例

我々がまずしなければならないことは、自分を嫌わないことである。    
   
                       ヴィヴェーカナンダ


解説

Our first duty is not to hate ourselves の not は is ではなく、to hate ourselves を否定しています。

よって

「我々の第一の義務は、我々自身を嫌わないことである」

となります。


not が不定詞( to do ~)を否定する時には、to の前に置かれます。




She advised him not to use too much water.
彼女は彼に水を使いすぎないように忠告した。

He was careful not to break the glasses.
彼はコップを割らないように気をつけた。



スポンサーサイト
  1. 2006/01/08(日) |
  2. ヴィヴェーカナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

最後まで

 Take up one thing and do it, and see the end of it, and before you have seen the end, do not give up. Those who only take a nibble here and a nibble there will never attain anything...

                           Vivekananda


単語
nibble: ひとかじり、ひとかみ
attain: ~を達成する、成し遂げる


訳例

 ひとつのことを取り上げ、それをやりなさい。結末を見なさい。結末を見る前に投げだしてはならない。あれこれ手を出しては、何も成し遂げられない。
    
                            ヴィヴェーカナンダ


解説

Those who only take a nibble here and a nibble there を直訳すると

「ここでひと噛み、あそこでひと噛みだけする人は」となります。これを意訳して

「あれこれ手を出しては」としました。
  1. 2005/07/27(水) |
  2. ヴィヴェーカナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。