(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自己変容

Correcting oneself is correcting the whole world. The sun is simply bright. It does not correct anyone. Because it shines, the whole world is full of light. Transforming yourself is a means of giving light to the whole world.

                           Ramana Maharshi


単語

correct: (誤りなど)を訂正する、正す、~を矯正する
transform: ~を変形(変容)させる
means: 手段



訳例

自らを正すことは世界全体を正すことである。太陽はただ輝く。誰も矯正したりはしない。太陽が輝くから、世界全体が光で満ち溢れるのである。自分を変えることが世界全体に光をもたらすことになるのだ。

                       ラマナ・マハルシ



解説

前回 of を詳しく取り上げ、中心イメージは「分離」であり、

「of + 抽象名詞 = 形容詞」になるという話をしました。

抽象名詞に限らず、実際には、
「of + 名詞 → 形容詞(名詞に説明を加える)」の役割を果たすことができます。


the roof of my house 私の家の屋根

of my houseが、前の the roof を説明しているので「形容詞」の役割を果たしています。

the roof 「その屋根」と言われても「どの屋根?」と疑問が浮かぶので、of 以下でmy house「私の家の」という説明を加えて意味を明確にしているのです。


今日の文章の最後の文 Transforming yourself is a means of giving light to the whole world. の下線部も同じことです。

Transforming yourself is a means
自分を変えることが、一つの手段

で「一つの手段」と言われても、これだけでは漠然としているので of 以下で

of giving light to the whole world
光を世界全体に与えるという

を加えて、意味を明確にしているのです。


the roof of my house の場合は「私の家の」というように of を「の」と訳して日本語的に問題ありませんでした。

ところが、Transforming yourself is a means of giving light to the whole world. の of を「の」と訳すと「光を世界全体に与えることの手段」となり、日本語として変です。

「名詞 of ~ing」となっている場合は

「~(という)名詞」と訳すと日本語としてスムーズになることが多いのです。

これをふまえると

Transforming yourself is a means of giving light to the whole world は

「自分自身を変えることは、光を世界全体に与える(という)手段である」となります。


訳例では意訳して

「自分を変えることが世界全体に光をもたらすことになるのだ」

としました。



スポンサーサイト
  1. 2006/01/29(日) |
  2. ラマナ・マハルシ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真我実現

A self-realized being cannot help benefiting the world. His very existence is the highest good.
 
                      Ramana Maharshi



being: 存在、人間
benefit: ~を益する、~のためになる
existence: 存在


訳例

真我実現を達成した存在は、必ず世界に利益をもたらす。その人の存在そのものが、最高の贈り物なのである。           
                          ラマナ・マハルシ


解説

cannot help ~ingは、「~せずにはいられない、~を避けることはできない」という意味ですので、
A self-realized being cannot help benefiting the world.を直訳すると、次のようになります。

「真我実現を達成した存在は、世界のためになることを避けることはできない」

これを意訳して、

「真我実現を達成した存在は、必ず世界に利益をもたらす」としました。


His very existence is the highest good.のveryは「まさにその」という意味を表す形容詞です。

Very goodなどに使われる「非常に、とても」を表す副詞のveryとは役割が違います。

例 This is the very thing that I wanted.

「これが、私が求めていたまさにそのものだ」→「これこそ私が求めていたものだ」


また、the highest goodのgoodは「素晴らしい、ためになる」という意味をここでは表しますので、

His very existence is the highest good.を直訳すると、

「彼のまさにその存在が、最高に素晴らしい(最高にためになる)」となり

これを意訳して、

「その人の存在そのものが、最高の(世界に対する)贈り物なのである」としました。




  1. 2005/10/06(木) |
  2. ラマナ・マハルシ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。