(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やってしまったことは仕方が無い。その後が…

Almost all our faults are more pardonable than the methods we resort to to hide them.

                    Francois de La Rochefoucauld


単語

fault:     誤り、過失
pardonable:   許される、容赦できる
method:     方法
resort to A:  A(物・手段など)に訴える    
hide:      ~を隠す


訳例

誤りを隠そうとする方法より、誤り自体の方が許せるものであることがほとんどなのだ。

                 フランスワ・ドゥ・ラ・ロシュフーコー


解説

pardonable は、pardon(~を許す、大目に見る) + able(~できる) ですね。


the methods we resort to to hide them ここで to to と2つの to があるからといって誤植ではありません。ここではどうしても to が2つ必要な訳ですね。

基になっているのが

we resort to the methods to hide them
私たちはそれらを隠すためにその方法に訴える

であることがわかれば、to が2つなければならないことがはっきりしますよね。

前の to は、resort to AA(物・手段など)に訴える」 の to であり、後ろの to は、「~するため」という不定詞の to ということですね。



フランスワ・ドゥ・ラ・ロシュフーコー (1613-1680)
フランスの作家・モラリスト



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッ(^O^)。
  ↓
人気blogランキングへ


人気ブログランキング


スポンサーサイト
  1. 2007/07/20(金) |
  2. フランスワ・ドゥ・ラ・ロシュフーコー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。