(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

心地よい思い出

What was hard to bear is sweet to remember.

                        Portuguese Proverb


単語

bear:   ~に耐える


訳例

辛かったことはいい思い出になる。

                          ポルトガルのことわざ


解説

今日の言葉の構造は、俗にtough構文を呼ばれるものです。

It is tough to do the job. = The job is tough to do.

というように、to不定詞の後ろに来る動詞の「目的語」が主語になれる構文のことです。

What was hard to bear の部分の基となっているのは、

It was hard to bear A「Aに耐えることは難しかった」であり、Aが漠然とした what に変わって、前に出て、

What was hard to bear

となっているわけです。


is sweet to remember の部分も同じです。

is sweet to remember B「Bを思い出すことは心地よい」 のBが前に出て
B is sweet to remember となっています。

B=what was hard to bear であり、what was hard to bear 全体が is sweet to remember の主部になっているわけです。

全体を直訳すると

「耐えるのが辛かったことは、思い出すのは心地よい」

となります。



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/06/23(土) |
  2. ポルトガルのことわざ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。