(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

元気を出して

Be of good cheer. Do not think of today’s failure, but of the success that may come tomorrow. You have set yourselves a difficult task, but you will succeed if you persevere; and you will find a joy in overcoming obstacles. Remember, no effort that we make to attain something beautiful is ever lost.
                                   Helen Keller



単語

cheer: 気分、元気
failure: 失敗
persevere: やりぬく
overcome: ~を克服する
obstacle: 障害(物)
make an effort: 努力する
attain: ~を成し遂げる



訳例

元気を出して。今日失敗したことを考えるのではなく、明日の成功を思いましょう。困難な仕事を自分に課しているけれど、やり続ければ必ず成功するわ。そして障害を克服した時、喜びを知るのよ。何かを成そうと努力したことは決して無駄にはならないわ。このことを忘れないで。
  
                           ヘレン・ケラー



解説

Be of good cheer. またまた of = 「分離」です。

of good cheer は

「申し分のない元気さから分離している、出て来ている」

ということです。

よって、Be of good cheer. は

「申し分のない元気さから出て来ていなさい」
    ↓
「元気でいなさい」
    ↓
「元気を出しなさい」

となります。


Do not think of today’s failure, but of the success that may come tomorrow. では

not A but B 「AではなくB」が使われ、また動詞の think が共通なので、but の後では省略されています。

Do not think of today’s failure, but (think) of the success that may come tomorrow.


no effort that we make to attain something beautiful is ever lost. では、次の文が土台になっています。

we make an effort to attain something beautiful.
「我々はすばらしいものを成し遂げるために努力する」

この英文を
effort「努力」に焦点を当てて変形すると

an effort (that) we make to attain something beautiful
「我々がすばらしいものを成し遂げるためにする努力」

となり、

さらに、これを主部にして

「我々がすばらしいものを成し遂げるためにする努力は、決して失われない

という英文にすると

an effort that we make to attain something beautiful is never lost.

となります。

never   =  否定語 (not, noなど) + ever

なので、

effort の前の an を否定語の no に変えると、

never →  ever

になり、

no effort that we make to attain something beautiful is ever lost.

が出来上がります。



スポンサーサイト
  1. 2006/02/08(水) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あなたは大切な存在です

Believe, when you are most unhappy, that there is something for you to do in the world. So long as you can sweeten another’s pain, life is not in vain.  

                         Helen Keller



単語・熟語

sweeten: ~を和らげる
in vain: 無駄な
so(as) long as: ~の限り



訳例

不幸のどん底にいる時、信じてほしい。世の中にはあなたに出来ることがあるということを。他の人の苦痛を和らげてあげることが出来る限り、人生は無駄ではない。

                         ヘレン・ケラー



解説

you are most unhappyのmostには最上級を表すtheがついていません。これは同一の人(物)の性質や状態を比較する場合には通常theを用いないからです。

つまり、誰かと不幸の状態を比較しているのではなく、あなたという一人の人の不幸の状態に視点を合わせ、「一番不幸な時」と言っているからです。

次の例文見てみるとわかりやすいでしょう。

He is the most unhappy in the class.
彼はクラスの中で一番不幸だ。(クラスの他の子供と比較しています。)

He is most unhappy when he is at school.
彼は学校にいる時が一番不幸だ。(彼一人について言っており、誰とも比較していません)。


unhappyの最上級はunhappiest, most unhappyと2通りあります。




  1. 2005/11/23(水) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一つの扉にこだわらない

When one door of happiness closes, another opens; but often we look so long at the closed door, that we do not see the one which has opened for us.
                                   
                             Helen Keller



訳例

幸福への扉が一つ閉まっていても、別の扉が開いている。しかし閉まっている扉にずっと目を向けているため、開らいている扉が見えないことが多い。     

                          ヘレン・ケラー



解説

we look so long at the closed door, that we do not see the one which has opened for usには、

so ~ that … 「非常に~なので…」の構文が使われています。
また、the oneは繰り返しを避けるための代名詞で、 the one = the door です。

直訳してみると、
「我々は、閉まっているドアを非常に長く見ているので、我々のために開いているドアが見えない」

すっきりさせて
「閉まっている扉にずっと目を向けているため、開いている扉が見えないのだ」としました。




  1. 2005/10/23(日) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自分の内

I learned that it is possible for us to create light, sound and order within us no matter what calamity may befall us in the outer world...

                         Helen Keller


単語

order:  秩序、正常な状態
calamity: 災難、災害
befall: (不幸などが人)に起こる、降りかかる
outer: 外側の


訳例

外の世界でどんな災難にみまわれようとも、我々人間が自分の内に光、音、秩序を生み出すことが出来ることを私は知った。

                     ヘレン・ケラー


解説

[no matter + 疑問詞]で「たとえ~であっても」という譲歩の意味を表しますので、

no matter what calamity may befall us は、「たとえどんな災難が我々に降りかかっても」となります。
  1. 2005/08/03(水) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

形の向こう

It gives me a deep comforting sense that things seen are temporal and things unseen are external...

                           Helen Keller


単語

comforting: 安心させる、慰めになる
temporal: つかの間の、一時の
external: 永遠の


訳例

目に見えるものはつかの間のものであり、目に見えないものが永遠であるということに私は非常に慰められる。
                                   ヘレン・ケラー



全盲の聖者へレン・ケラーの言葉だけに重みがあります。
  1. 2005/06/22(水) |
  2. ヘレン・ケラー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。