(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

努力が苦痛になった時に

The man who can drive himself further once the effort gets painful is the man who will win.

                           Roger Bannister


単語

further:   もっと先に、さらに進んで
painful:   苦しい、痛い、痛みを伴う



訳例

努力が苦痛を伴うものになった時に、自分をさらに前へと駆り立てることのできる人間が、勝利を収めることのできる人間なのだ。


                           ロジャー・バニスター



解説

drive というと、「(車を)運転する」という意味がまず思い浮かびますよね。でも、drive の元々の意味は、「前に駆り立てる」です。

自動車を前に駆り立てる
   ↓
自動車を運転する

という意味になっているわけです。

ですから、今日の言葉の drive himself further は、

「自分自身をもっと先へと駆り立てる」

という意味です。


once は接続詞で「いったん~すると、~するやいなや」という意味ですが、今回の文では

≒ when

として捉えることができます。





ロジャー・バニスター (1929- )

イギリスの陸上選手・医師
世界で初めて、1マイル4分の壁を破ったことで知られる。





ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/04/10(火) |
  2. ロジャー・バニスター|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。