(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

正しい認識

With proper understanding, the pain and the pleasure are the same. Both are lessons. In such a light, pain becomes pain no more. One who understands the world in the proper way will see the pain is there as a necessity, something to be risen above.

                 Satchidananda



単語

proper: 適切な、正しい
pain: 苦痛
pleasure: 快楽、喜び
necessity: 必要なこと
risen: rise(上がる、上げる[普通はraise])の過去分詞



訳例

正しく理解すれば、苦痛も快楽も同じものである。ともに教訓を与えてくれるものである。このように見ると、苦痛はもはや苦痛ではなくなる。世の中を正しく理解している人には、苦痛は必要だからここにあるのであって、昇華するために存在していることがわかるのである。


                           サッチダナンダ



解説

In such a light を直訳すると「そのような光の中で」となります。

文脈を考慮して、「そのような」を具体的に表すと

「苦痛も快楽も教訓であるという光の中で」

となります。

これを日本語らしくすると

「苦痛も快楽も教訓であると考えると」 あるいは

「苦痛も快楽も教訓であると見ると」

となります。

英和辞書を調べると、light のところに「見解、観点」という意味が掲載されていますが、結局は「光、光を当てる」ということから意味が広がってきているのです。

in the light of ~ を「~を考慮して、~の観点から」と覚えさせられた経験があるかもしれませんが、これも「~の光の中で、~を光に照らして」と考えれば意味がつかめます。


In the light of this tragic event, we have cancelled the 5th of July celebrations.

「この悲惨な事件の光の中で、我々は6月5日の式典を中止した」
          ↓
「この悲惨な事件を考慮し、我々は6月5日の式典を中止した」


something to be risen above は前の a necessity に説明を加えています。文法用語を使うと同格です。

as a necessity, something to be risen above を訳すと

「必要なもの、つまり上にあげられるべきものとして」

となります。

訳例では、日本語らしく

「苦痛は必要だからここにあるのであって、昇華するために存在している」

としました。


普通は、risen の原形 rise は自動詞で「(自分が)あがる」という意味で使われ、

「~をあげる」という意味では、他動詞の raise が使われます。

しかし古くは、rise が「~をあげる」の意味でも使用されていたので、ここではraise の意味で rise ( risen ) が使われています。


スポンサーサイト
  1. 2006/02/22(水) |
  2. サッチダナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

奉仕の真の意味

Always try to serve others. Don’t even call it helping, call it service because you are benefited by that. If a man begs from you and you give him something, you shouldn’t think you are helping him. Instead, he is helping you.

                             Satchidananda


単語

benefit: (人)を益する、~のためになる
beg: 施しを乞う


訳例

常に誰かに奉仕するよう努めなさい。しかし、その行為から利益を得るのはあなたであるから、それを手助けと呼んだり、奉仕と呼んではいけない。もし、誰かが施しを求めてきて何かを与える時には、自分がその人を助けていると考えるべきではない。そうではなく、その人があなたを助けているのである。

                         サッチダナンダ



  1. 2005/10/19(水) |
  2. サッチダナンダ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。