(^O^) 今日も元気! 魂の英語 (^O^)

叡智に満ちた、魂を揺さぶる言葉を読み、心を洗濯すると同時に英語も学びましょう。真の自分、人生の目的を思い起こさせてくれる含蓄のある言葉です。英検、TOEIC、TOEFL、大学受験にも役立ちますよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一歩一歩

I never ran a thousand miles. I couldn't do that. I ran a mile a thousand times.

                          Stu Mittleman


単語

mile:   マイル(約1.609km)


訳例

私は1000マイルなど走っていません。私にはそんなことはできませんでした。私はただ1マイルを1000回走っただけなのです。

                         スチュー・ミットルマン


解説

今回の言葉は、「どうやって1000マイルもの距離を走ったのか」と尋ねられた時に、ウルトラマラソンの世界記録保持者であるミットルマンさんが答えた言葉です。簡単な英語なので説明は不要ですね。

小さなことも積み上げると大きなことになる。まさに「千里の道も一歩から
A journey of a thousand miles starts with a single step. を地で行ったものですね。



スチュー・ミットルマン

ウルトラマラソンの世界記録保持者
1986年に1000マイル(1 609.344 km)を11日20時間36分56秒で走破した。



ブログランキングに参加しています。おひとつポチッとな(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト
  1. 2007/07/12(木) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

香る

The fragrance always stays in the hand that gives the rose.


                          Hada Behar


単語

fragrance:  よい香り、香水\r
rose:     バラ\r


訳例

バラを差し出す手には、いつでもいい香りが残る。


                          ハダ・ベハール\r


解説

きれいな言葉、文字通りいい香りのする言葉ですね( ̄ー ̄)。



ハダ・ベハール\r
詳細不明


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/07/07(土) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Material blessings, when they pay beyond the category of need, are weirdly fruitful of headache.

                         Philip Wylie


単語

material:   物質の、物質的な
blessing:   恩恵
pay:     支払う
need:     必要、
weirdly:   気味悪く
fruitful:   多産の、多くを生み出す


訳例

必要の範囲を越えて物質的に豊かになってしまうと、頭痛の種が恐ろしいほど生み出される。

                      フィリップ・ワイリー


解説

when 以下は挿入ですね。直訳すると

「それら(物質的恵み)が必要の範疇を越えて支払うとき」

となります。

言っていることは、「物質的豊かさが度を越えてしまう」ということですね。


weirdly は「気味悪く、奇妙に」、fruitful は「多産の、多くを生み出す」ということですので、be weirdly fruitful of ~ で「~を気味が悪いほど生み出す」という意味になります。

今回の文では、are weirdly fruitful of headache ですので

「頭痛を気味が悪いほど生み出す」

という意味になります。



フィリップ・ワイリー (1902-1971)
アメリカの作家



ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/06/29(金) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

いつでも始められる

You can learn new things at any time in your life if you're willing to be a beginner. If you actually learn to like being a beginner, the whole world opens up to you.

                           Barbara Sher


単語

be willing to do:  ~するのをいとわない


訳例

初心者であることをいとわなければ、いつだって新しいことを学ぶことができるのです。初心者であることを楽しむようになると、世界が丸ごと開かれるのです。


                           バーバラ・シェール


解説

learn to do で「~するようになる、~できるようになる」という意味を表しますね。

ですから、If you actually learn to like being a beginner を直訳すれば

「もしもあなたが実際に初心者でいることを好むことができるようになれば」

となります。


the whole world opens up to you. の up は「完全に」という意味を表す副詞で、up が無くても正しい英文になります。直訳すると

「全世界が完全にあなたに対して開く」

となります。



バーバラ・シェール
アメリカのセラピスト・キャリアカウンセラー


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/06/19(火) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

幸福の障害

A great obstacle to happiness is to anticipate too great a happiness.

                 Bernard le Bovier de Fontenelle


単語

obstacle:    障害(物)
anticipate:   ~を予想する、~を見越す、~を期待する


訳例

幸福の大きな妨げになっているのは、あまりにも大きな幸福を期待してしまうことなのである。

               ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル


解説

anticipate は、辞書を見ると「~を予想する」「~を見越す」「~を期待する」「~に先手を打つ」「~を先取りする」といろいろな日本語訳が載っています。

でも気にしなくていいですね。anticipate の原義が「前もって取る」だと覚えておけば、日本語訳が違うだけで、全部対応できますからね。

「前もって取る」→「~を予想する」
「前もって取る」→「~を見越す」
「前もって取る」→「~を期待する」
「前もって取る」→「~に先手を打つ」
「前もって取る」→「~を先取りする」

全てつながりますよね。


too great a happiness は、よく問題にされる語順ですね。
so, as, too, how の場合、後ろに形容詞つきの単数名詞が来る時には、

so
as  + 形容詞 + a(an) + 名詞
too
how


という語順になりますね。


I have found it difficult to hold my tongue on so important a matter over the last ten months.

これまでの10ヶ月間、そんなにも重要な事柄について黙っていなければならなかったのは大変なことだった。


very を使うと、a very important matter という語順になりますね。



ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル (1657-1757)

フランスの思想家・劇作家
劇作家としては評価を得られなかったが、『死者との対話』『世界の多様性につ
いての対話』などによって学者と一般大衆とをつなぐ橋渡しの役割を果たした。


ブログランキングに参加しています。 おひとつポチッと(^O^)。
  ↓
人気ブログランキング



  1. 2007/06/09(土) |
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。